メインメニューを開く

ブルックリン最終出口』(ブルックリンさいしゅうでぐち、原題:Last Exit to Brooklyn)は、1989年制作のアメリカ合衆国西ドイツ映画

ブルックリン最終出口
Last Exit to Brooklyn
監督 ウーリ・エーデル
脚本 デズモンド・ナカノ
原作 ヒューバート・セルビー・ジュニア
製作 ベルント・アイヒンガー
出演者 スティーヴン・ラング
ジェニファー・ジェイソン・リー
音楽 マーク・ノップラー
撮影 ステファン・チャプスキー
編集 ペーター・プルツィゴッダ
製作会社 ノイエ・コンスタンティン・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 Cinecom
ドイツの旗 ノイエ・コンスタンティン・フィルム
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年5月4日
西ドイツの旗 1989年10月12日
日本の旗 1990年4月14日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,730,005[1]
テンプレートを表示

ヒューバート・セルビー・ジュニアの同名小説の映画化作品(1964年発表、邦訳・宮本陽吉訳・河出書房新社刊、1968年)で、ニューヨークブルックリンを舞台に、セックスとLGBT、喧噪、孤独を描く。ウーリ・エーデル監督のアメリカ初進出作品。

あらすじ編集

1952年のニューヨーク・ブルックリン85番街を舞台に、売春婦のトララを始め、労働組合の現場責任者ハリー、ストリート・ギャングの若者ヴィニーらのセックスやLGBT、喧噪の日々を描く。

キャスト編集

評価編集

[2]

脚注編集

外部リンク編集