ブルノ本駅チェコ語: Brno hlavní nádraží)は、チェコ南モラヴィア州の州都ブルノにある主要鉄道駅である。チェコの鉄道駅では一番古い駅の一つで、1839年に開業している。ブルノ本駅は州都ブルノへの玄関口としての役割だけでなく、鉄道路線上の拠点としても重要な駅でチェコ国内の幹線(ジェチーン-プラハ-パルドゥビツェ-ブルノ-ブジェツラフ)の列車やドイツスロバキアハンガリーなど周辺国へ向かう国際列車が経由する。首都プラハやオーストリアウィーンへはチェコ鉄道が誇るペンドリーノ車両によるスーパーシティが運行されている。

ブルノ本駅
Brno - Hlavní nádraží.jpg
駅外観
Brno hlavní nádraží
所在地  チェコ ブルノ
管理者 鉄道施設管理公団
駅構造 地上駅
開業年月日 1839年
テンプレートを表示

現在、ブルノ本駅は容量限界から拡張が計画されているが周辺部が歴史的な地区であることから、そのままでは無理なため、離れた場所に新しい駅の建設が計画中である。