ブルーマーを穿いたスミス大学バスケットボールチームのメンバーたち。1902年に撮影された初期の形のブルマー。

ブルマー (bloomers) は、女性が運動などを行う際に下半身に着用する衣類の一種で、ブルマあるいはブルーマブルーマーとも呼ぶ。20世紀に世界的に広く普及した。

学校教育で体育の授業の運動時に着用する体操着や、スポーツ用パンツとしても広く用いられる。女子バレーボール陸上競技の選手が試合や練習で穿くユニフォームパンツもあり、用途に応じてバレーブルマー、バレーショーツ、陸上ブルマーと呼ぶこともある。制服の一部としてスカートの下に着用されたり、チアリーダーがミニスカートの下に穿くコスチュームパンツにもブルマーが用いられる。また、オーバーパンツとしても用いられる。

目次

起源編集

1850年のブルマーファッション
1890年代のタバコのラベルに描かれたブルマー姿の女性
  • ブルマーは、19世紀中頃、コルセットで腹を締めるような当時の下着に反発した女性解放運動家によって、自由度が高くゆとりのある下着として考案された。これは旧弊な拘束型衣服からの女性衣服の転換という革新的なものであった。
  • 後にこれが運動着として使えるようなものに改良された。当時は女性用の適当な運動着はなく、この発明は極めて画期的なものであった。
  • また、別の説では乗馬用のズボンが変形したものともいう。

ちょうちんブルマー編集

  • 1970年前後まで製造されていた伸縮性のない生地を用いたタイプ。腰と裾口にゴムが入っている以外はだぶつきのある作りで、運動時の可動性を確保するためにギャザーあるいはプリーツがつけられていた。これらはニット製ブルマーの誕生以降、その形状的な特徴から「ちょうちんブルマー」と呼んで区別されるようになった。
  • 日本では太平洋戦争などの戦時中に有事演習の一環で水泳訓練を行っていた女学校もあった。
当時の女子生徒の体育の服装は、膝上10センチほどの濃紺のちょうちんブルマーに白の開襟シャツ、運動足袋を穿き、頭にハチマキをしめた格好。
作業、掃除等は膝上10センチほどの濃紺のちょうちんブルマーに白の開襟シャツ、運動足袋を穿き、頭に白の手ぬぐいを髪全体を覆い隠すようにしてかぶり後ろにきっちり縛った格好で行っていた。冬場は白の開襟シャツの上に紺のセーターを着込んで寒さを凌いでいた。
水泳訓練等は、水着がなかった為に膝上10センチほどの濃紺のちょうちんブルマーに白の開襟シャツを水着がわりとして着用していた。頭に水泳帽子がわりとして必勝ハチマキをきっちり締めたり、または白の手ぬぐいを髪全体を覆い隠すようにしてしっかりかぶり、後ろにきっちり縛ったら運動足袋を穿いて川や海に潜って全身びしょ濡れになりながら泳いでいた例もある。

ショーツ型ブルマー編集

発生の経緯編集

 
左は20世紀中盤になって登場したブルマーの形で、以後の標準になったもの。右はいわゆる「ちょうちんブルマー」と呼ばれる旧タイプ。
  • ショーツ型ブルマーをオリンピックで最初に採用した国は旧ソビエト連邦で(アメリカでも同時期に採用)[1]、当時の日本でも現代型ブルマーの試作品を女子バレー日本代表に持ち込んだりしたが、日本代表は採用せず特注の改良型ショートパンツを使用した。
  • 他方、義務教育の現場において体操服が指定されるようになったのはこの頃からである。小学校中学校高校大学でもこのようなショーツ型のブルマーが体操着や制服、ユニフォームとして採用された。また、一部の幼稚園保育園では女子だけでなく男子にも指定体操着として使用された。

特徴編集

  • ショーツ型ブルマーの特徴はだぶつきのない形状で、アスレチックブルマースポーツブルマースクールショーツなどとも呼ばれる。
メーカーによってはニットブルマースクールブルマーともいう。
  • 名前の通りショーツのような形状をしており、体操着以外では防寒目的や月経などで衣服が汚れるのを防ぐために、ショーツの上から重ね履きする形で(ブルマーの下履き用のショーツもある)着用されていた。また、パンチラを防ぐ目的でスカートの下に着用されていた。
  • 色は濃紺が主流であったが、えんじ色ほか様々で、ブルマーの側面にはなどのラインが入るデザインなど、ジャージー同様に様々なバリエーションが存在する。
学校では「スクールカラー」としてやラインの有無を指定する他、学年ごとに色を変えて区別できるようにしている場合もあった。
  • 裾はゴム仕様が多く、オペロンゴムやスパンゴムと呼ばれウエストや足口にフィットさせる平ゴムタイプ、運動時に腹部にくい込みにくい2重または3重ゴムタイプのものとに大別できる。
  • 主に、前身頃と後身頃というシンプルな構成になっている。製造元によっては一枚布で縫製されたものもある。
  • ショーツとほぼ同一の丈で、脚ぐりの位置は通常、ラインがウエストラインとヒップラインの中間あたりまで切り込まれ、ハイレグはヒップラインよりやや上まで、ローレグはヒップラインの少し下くらいまでカットされている。ショーツで言うとローレグカットかレギュラーカットとほぼ同じである。

ショーツとの相違点編集

ブルマーは下着のショーツに対し、概ね以下の相違点がみられる。

  • 素材はナイロンポリエステル等の厚地で伸縮性がある。
  • 色が濃紺やえんじ色等の濃い色調の色が用いられる。
  • 腰のゴムが太く、裾にゴムが入っている。
  • 内側にショーツを穿いた上から重ねて穿く。
  • クロッチが必要ないため、二枚布を股の部分で縫製する。
  • 股上が下着に比べて深い。

肌着としての活用編集

ブルマーは本来、体操服として活用されていることが多いが、ブルマーを指定体操服として採用していない学校(具体的な例としては、男女とも体操ズボン指定体操服として採用している学校)では、ショーツのように、白のパンツショーツまたはブリーフの上から着用する形で、ブルマーを肌着として活用している場合がある。

体育の授業以外でも、女子児童・生徒の制服の一部としてスカートの下に白いショーツを覆い隠すようにして着用されていた。1990年代に入るとハーフパンツが指定体操着として採用されはじめ、白の短パンのみを廃止にして濃紺無地のブルマーを継続していた学校もあった。教室で男女共用で更衣を行っているところでは、着替えるときに男子の下着が見えてしまうということが問題となってしまったところもあった。後に生徒内の話し合いで「女子だけでなく男子も制服、ジャージのズボン、ハーフパンツの下だけでもきちっとさせたい」という意見が出て、小学校で使用していた体操着や私服の短パン着用もあったが、最終的に「本校が指定している制服、体操着を着用しなければならないという規則がある」という理由で、男子生徒にも白いパンツブリーフ)の上から女子生徒が体操着として着用している濃紺無地のブルマーを制服、ジャージのズボン、ハーフパンツのアンダーとして着用してもらうことになり、後に教室での男女一緒の更衣の問題も解消された。ブルマー廃止まで男子女子とも入学から卒業まで着用し続けた学校もあれば、女子だけでなく男子も含め多くの中学生に着用されたこともある。

スポーツ用編集

バレーボール編集

 
陸上競技、バレーボール練習用のブルマー
  • 1990年代前半頃までは女子バレーボールの選手は、バレーブルマーを着用が一般的だった。その後、ユニフォームも大幅に変わり、裾の短いスパッツのようなショートズボンにとって代わった。バレーブルマーは競技の特性上、転がったり滑ったりするのを想定し腰丈(股上)が長く厚手の丈夫な生地が用いられていた。
  • 視聴者参加のスポーツバラエティ番組にも学校の体育系クラブや会社のスポーツサークルが、練習や試合で着用するバレーブルマーを着用して参加することもあった。

チアリーダー編集

  • 学園祭などのイベントや高校野球、大学駅伝といった競技での応援ならびチアリーディングにおけるチアリーダーのユニフォームとしてミニスカートの下にブルマーが着用される場合がある。この場合は一般的な厚地のものの他、レオタードと同様の薄手の生地が使用される場合もある。またユニフォームのデザインによっては前後や左右の色が異なるもの、表面にチームロゴや個人のファーストネームがプリントまたは刺繍されるもの等、さらに多様なバリエーションが発生する。
  • 冬場の寒い日となると、上半身は長袖インナーシャツを着てからシェルトップ、その上にセーターを着用し、下半身は、ミニスカートの下にパンティーストッキングまたは肌色タイツを穿いてから、その上にブルマーを着用してソックスと運動靴を履く場合もある。

陸上競技編集

 
ブルマー型ショーツを着用するエレーナ・イシンバエワ
  • 女子陸上競技の選手、特に激しい動きを要する競走、跳躍の選手においては現在でもブルマーが多用されている。近年は動きやすさを重視し、短距離及び跳躍においていわゆるセパレート型のレーシングショーツの着用が増加している。このレーシングショーツはブルマータイプとボックスタイプが存在し、福島千里のように試合ごとにこれらを使い分ける選手もいる。
  • 一方、マラソン、中長距離ではブルマーからランニングパンツ及びスパッツ、被服以上の機能(サーキュレーション、スタビライゼーション、ヒーリング等)も持ち合わせた機能性タイツ(コンプレッションタイツ等)への転換が進んでいる[要出典]。海外では短距離同様のセパレートも見られる。
  • 投擲ではスパッツが主流で世界的に見てもブルマーは少数派。

その他のスポーツ編集

日本における普及と衰退編集

東京オリンピックまで編集

  • 大国化と近代化を目指していた戦前の日本で、ブルマーが普及するまでは教育現場や学校で体操時に女性が着用した運動着は従来からのもんぺぐらいであったため、新しいウェアは非常に斬新に映り、全国の学校の標準運動着として採用された。女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)では、留学先のアメリカから井口阿くりが持ち帰ったブルマーが体操着として1903年に最初に紹介され、大正末期から昭和初期にかけて女学校で採用されるようになった[2][3]
  • 敗戦後は日本は国力に極めて乏しく、1964年東京オリンピック前後まで文部省や教育現場では、義務教育において体操着を学校標準指定で強制することはなかった。当時、小中学校の女子生徒のブルマーは紺色のちょうちん型が圧倒的に多数を占め、親の手製も見受けられた時代でもあった。ショートパンツ型や現在に近い形の製品も混在していた。なお、ちょうちん型とニット生地ショーツ型の過渡期的なものとして1960年代後半にはサイドファスナーでウエストリアがゴムシャーリングとなり、すそが折り返しになった紺サージ生地のショートパンツ型が一般的で、このタイプは1980年代まで一部の私立校で採用され続けた。このタイプを「ショート」あるいは「短パンブルマー」と呼ぶ場合がある。

学校等の指定体操着としての普及編集

 
初期の女性バスケット・チーム(1925-1926年、奈良)
  • ずり落ちたり引きつったりせず軽量で、動きに対しても体に密着したショーツ型のブルマーが、オリンピックや国際競技の場で公式に使用されたことで、女子体操服の代名詞としてブルマーの認識が広まり、小学校中学校高校日本人学校などで、指定体操着として採用されるようになった。
  • 体育の授業や掃除の時間をはじめ運動会体育祭)、学芸会、マラソン大会など学校行事においても着用され、大学の運動部などでも使用された[4][5]
  • 男女共通の体操着として着用されるケースもあり、田舎の方では男子用の短パンの支給が足りず、女子用と同じタイプのショーツ型ブルマーを男子にも履かせていた学校もあった[6]
  • カンコーではウエスト、脚口がオベロンゴムタイプの濃紺無地のブルマーを「日本中学校体育連盟推奨品」として販売されていた。

水着としての着用例編集

  • 海女が、防寒策として下着の上から着用する場合がある。
  • 小学校などで遭難時の訓練目的で着衣水泳の授業が行われ、その際に用いられることもあった。

反対運動と廃止編集

  • 1970年代以降、ブルマーは従来のもんぺ・ちょうちん型からショーツのように太股を完全に露出するスタイルに変貌した。当時の人気スポーツであったバレーボールの影響から、スポーティーで格好よく、軽量で動きに対する追従性が良いと好意的に受け止められる向きがあった反面、臀部が大きくなっていく初経前後及び臀部にボリュームが生じるようになる初経の1年後以降[7][8]の女子にとってはブルマーの裾から臀部が露出したり、ブルマーの裾からショーツが露出するいわゆる「はみパン」やブルマー越しにショーツの形状が浮き出るなどという問題があり、性的な羞恥心が強くなる思春期の女子の多くが抵抗感を持っていたが、学校指定とされていたために着用せざるを得なかったと言う。
  • 1987年、名古屋西高校で女子生徒の体操着として新たにブルマーを導入したところ、生徒による反対運動が起こった[9]。1988年、朝日新聞で女子中高生がブルマーに反対する投書が掲載された。
  • 1990年代に入ると、それまでは一部のマニアのものであったブルセラ趣味が商業的に展開され、女子生徒から着用済みのブルマーやセーラー服などを買取り販売するブルセラショップが誕生した。ブルマーが性的好奇心の対象として一般に認知されるようになると、運動会などの学校行事でブルマー姿の女子生徒を盗撮したり、校舎に侵入してブルマーを窃盗し逮捕されるなど不審者による事件が相次ぎ、社会問題として取り上げられるようになっていった。
  • 1993年Jリーグが開始される前後より始まったサッカーブームから、プロサッカー選手のユニフォームとして着用されていたハーフパンツが注目されるようになった[10]
  • こうした時代背景の中、ブルマー着用の必然性に対して疑問の声が上がり始め、新聞にブルマー廃止を訴える女子中高生の投書が掲載されるようになった。1995年には東京都小金井市議会で若竹綾子市議が問題提起を行い、それが朝日新聞に掲載されると、学校や保護者も含めたブルマ―廃止機運が高まった。また男女同権論者・ジェンダーフリー教育論者の中からは、「通常体育の授業時は男女別服装である合理的理由はなく、男女平等教育の観点に照らして男子・女子とも同じ運動着を着るべきである」と主張する人々も現れた。また、「太ももが冷えて血行に悪い」というデメリットも挙げられた。
  • これらの動きにマスコミも追従し、追放運動は1990年代中盤にピークを迎えた。1994年にいくつかの県で廃止が決定されると、ブルマーの指定廃止は数年のうちに全国に広がった。こうして公立校は2004年、私立校でも2005年を最後に、女子の体操着としてブルマーを指定する学校は日本から消滅した。多くの学校では、ブルマーの代わりに大股が隠れるハーフパンツまたはクォーターパンツが採用されることとなった。
  • 現在では、主にコスプレ用やオーバーパンツ見せパン)、ベビー服(ベビーブルマ)などの用途での需要で生産されている。また、一部の陸上競技用としてブルマー型のレーシングショーツ(レーシングブルマー)が使用されている。

性的フェティシズムの対象として編集

  • 前述の経緯から現実の校庭からは消え失せたブルマーだが、性的興味の対象として熱狂的なマニアが存在するほか、男性向け作品のフィクションの中では人気があり、萌え属性の一つとして定着している[11]
  • 学園物の成年コミックアダルトゲームの大半や、場合によっては全年齢対象の作品においても、女性キャラクターにブルマーを着用させているケースが見られ、ブルマーに対するフェティシズムを前面に押し出した「ブルマー物」と呼ばれる作品ジャンルも存在する。「ブルマー物」の場合、ブルマーを知らずに育った世代が増えた現代では、初めてブルマーを知ったという人間も多いと言う。こうしたフィクションでは当然のように使われていたため、ブルマーが現在も学校の体操着として使用されていると勘違いしたままの世代もいた。
  • ブルマーを着用したアイドル、女優の写真が雑誌に掲載またはグラビアアイドルの写真が多数発表されているが、1990年代以降はブルマー廃止に従い、撮影で初めてブルマーを穿くアイドルが増えている。
  • 現在もコスチュームショップやブルセラショップ、体操着を取り扱っているオンラインショップでは購入可能であり、日本におけるブルセラショップで取り扱われるフェティシズム対象物として、制服と並べて取り上げられる代表格に挙げられるものである[12]。また、収集するマニア(自らが穿くことも兼ねて収集する者もいる)がいるほか、コスプレAVイメクラ性的ロールプレイなどにおいても散見される。ただし、ネット販売でブルマーを扱っていた業者でも、ブルマーの販売を打ち切ったところがある。

メーカー・ブランド編集

日本国内では、スポーツウェア・スポーツ用品メーカー(アシックスミズノなど)や、繊維製品メーカー(東レユニチカなど)、繊維製品メーカーのなかでも学生衣料に特化したメーカー(カンコートンボなど)が、自社の取り扱う体操服やスクール水着などといったスポーツウェア、学生衣料のひとつとしてブルマーを生産していた。衣料品卸問屋が自社ブランドで生産していた例もあった。

2000年代後半あたりまで9割以上が生産を打ち切っており、現在は店頭をはじめネット通販でさえ入手困難な状態となっている。

製造メーカーについては以下を参照のこと。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日本テレビ伊東家の食卓内「教科書にのらないウラ昭和史」
  2. ^ Allen Guttmann and Lee Thompson, Japanese Sports: a History, University of Hawaii Press, 2001, pp. 93ff. ISBN 0824824148.
  3. ^ 興水はる海、外山友子、萩原美代子「女子の運動服の変遷: 東京女子高等師範学校に関して」『日本体育学会大会号』No. 30, p. 116, 1979.
  4. ^ 『学研 学習百科大辞典 12 保健体育 技術 家庭 音楽』、1975年。ブルマー着用の筑波大学ダンス部女子部員の模範演技掲載。
  5. ^ 『写真と図解による最新バレーボール9人制』(大修館書店)、1978年4月1日。ブルマー着用の東京女子体育大学女子バレーボール部員掲載。
  6. ^ メディアに取り上げられた事例としては、1988年の月刊『明星』(集英社)5月号に掲載された、内海光司の幼少時代のブルマー姿の写真がある
  7. ^ バストと初経のヒミツの関係
  8. ^ 『初経』をキーにした現代ティーンの成長と体型変化について
  9. ^ 中嶋聡『ブルマーはなぜ消えたのか - セクハラと心の傷の文化を問う』P40~43
  10. ^ ブルマーの現状と来歴
  11. ^ 『萌え大全〈Vol.2〉すぽーつうぇあ大全』 すぽーつうぇあ大全制作委員会、秀和システム2009年4月、p.82。ISBN 978-47980222772011年3月20日閲覧。
  12. ^ Ryang, Sonia (2006-10-18). Love in modern Japan: its estrangement from self, sex, and society. pp. p.99. ISBN 978-0415770057. 

資料映像編集

  1. ^ OG 1972 Men GDR vs BRA. 国際オリンピック委員会.. (2015年5月27日). 該当時間: 1:55. http://www.youtube.com/watch?v=Zku_G0NDu9M 2013年11月23日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集