メインメニューを開く

ブルヴァール・デ・マレショー

ブルヴァール・デ・マレショー(仏:Boulevards des Maréchaux)はパリ市を取り巻く一連の道路の総称。「元帥大通り」の意味。これは、ほとんどの通りがフランス第一帝政期の元帥(maréchal)の名を持つことに由来する。

ブルヴァール・デ・マレショーはペリフェリックのやや内側を、ペリフェリックとともにパリをほぼ一周する帯状の道路である。ペリフェリックは都市高速道路であるが、マレショーは通常の道となっている。そのため、一部の例外を除き速度は時速50kmに制限されている。マレショーとペリフェリックの間隔は平均150mである。

マレショーはパリのさまざまな門を繋いでいる。南部と東部では旧プティト・サンチュールが併走している。マレショーはもともと1844年に完成したティエールの城壁に沿って設けられた軍事用の道路の跡に造られた。1860年、周辺部を編入してパリを拡張したのち邪魔になったため1919年から1929年にかけて城壁を壊し、市街を一周する大通りができた。マレショーとペリフェリックに挟まれた地帯にはパリ国際大学都市リセや体育館、緑地などが点在している。

ブルヴァール・デ・マレショーを構成する大通りの一覧編集

括弧内に名前の由来となった人名を示した。太字は第一帝政期のフランス元帥

  • 12区
  • 14区
  • 15区
  • 17区
  • 18区
  • 19区
  • 20区

マレショー周辺の施設・名所編集

  • ブローニュの森
  • ヴァンセンヌの森
  • パリ国際大学都市 (Cité internationale universitaire de Paris)
  • 科学産業都市 (Cité des sciences et de l'industrie)
  • ヘリポート
  • ジョルジュ・ポンピドゥー病院
  • ロベール・ドゥブレ病院
  • マルモッタン美術館
  • アンドレ・シトロエン公園
  • ビュット・デュ・シャポー・ルージュ公園
  • パルク・デゼクスポジシオン(ポルト・ヴェルサイユ)
  • ジョルジュ・ブラッサン公園
  • ケレルマン公園
  • モンスーリ公園
  • パルク・デ・プランス
  • スタッド・シャルレティ