ブルーノ・パスキエ

フランスのヴィオラ奏者

ブルーノ・パスキエ(Bruno Pasquier[1]1943年12月10日[2][3] - )は、フランスヴィオラ奏者。

ヌイイ=シュル=セーヌ出身。1957年から1963年までパリ音楽院に在学し、エティエンヌ・ジノとパスキエ三重奏団のヴィオラ奏者だった父ピエールにヴィオラを学んだ。1963年から1967年までベルネード弦楽四重奏団に所属[4]し、1965年に同四重奏団の一員としてミュンヘン国際音楽コンクールの弦楽四重奏部門で2位入賞を果たした。1965年から1985年までパリ・オペラ座管弦楽団の首席ヴィオラ奏者を務め、1970年から弟レジスとロラン・ピドゥーとで新パスキエ三重奏団を結成。1985年から1990年までフランス国立管弦楽団の首席ヴィオラ奏者を歴任。1972年から母校のパリ音楽院で後進の指導も行う。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ アーカイブ 2019年6月30日 - ウェイバックマシン
  2. ^ (英語) International who's who in music and musicians' directory.. Melrose Press. (2000). p. 493. OCLC 2247063 
  3. ^ ブルーノ・パスキエ - Discogs
  4. ^ Notice de collectivité "Quatuor Bernède" | BnF Catalogue général - Bibliothèque nationale de France”. 2019年6月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月30日閲覧。