ブルーノート (ジャズ・クラブ)

ブルーノート(英語:Blue Note)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタングリニッジ・ヴィレッジで、1981年に開業したジャズクラブ。 アメリカ国内のほか、日本イタリアブラジル中国フランチャイズ店舗がある[1]。またブルーノート・レコードと直接的な関係は有していない。

Blue Note Jazz Club
WSTM-CornFedChicks0034.JPG
ブルーノート(ニューヨーク)のエントランス
情報
開館 1981年9月30日
用途 ジャズ・クラブ
所在地 ニューヨーク市マンハッタン区
西3丁目131番地
位置 北緯40度43分51秒 西経74度0分4秒 / 北緯40.73083度 西経74.00111度 / 40.73083; -74.00111 (Blue Note Jazz Club)座標: 北緯40度43分51秒 西経74度0分4秒 / 北緯40.73083度 西経74.00111度 / 40.73083; -74.00111 (Blue Note Jazz Club)
外部リンク www.bluenote.net
テンプレートを表示
ブルーノート東京

チェーン展開編集

日本編集

同社は横浜赤レンガ倉庫 2号館にあるライブレストラン「モーション・ブルー・ヨコハマ」も運営している。

イタリア編集

ブラジル編集

中国編集

かつて営業していた都市編集

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため2020年7月14日より無期限休業[4][5]していたが、2020年8月15日をもって廃業することが7月20日に同社より発表された[6][7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Blue Note New York公式ホープページのリンクより
  2. ^ a b 株式会社阪神コンテンツリンク (2007年4月24日). “Billboard Live OSAKA 開業日及びアーティスト・ラインナップのお知らせ (PDF)”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月12日閲覧。
  3. ^ インフォメーション”. www.billboard-live.com (2009年5月4日). 2018年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月3日閲覧。
  4. ^ 2020年7月16日中日新聞朝刊26面
  5. ^ “名古屋ブルーノートが休業、廃業も検討 コロナ影響で”. 朝日新聞デジタル. (2020年7月16日). https://www.asahi.com/articles/ASN7J5HL8N7JOIPE014.html 
  6. ^ お知らせ”. 名古屋ブルーノートNAGOYA Blue Note. 株式会社ミュージックベンチャーズ. 2020年7月20日閲覧。
  7. ^ 名古屋ブルーノート [@nagoyabluenote] (20 July 2020). "お知らせ" (ツイート). Twitterより2020年7月20日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集