ブルームーン (ポップス)

ポップス

ブルームーン』(Blue Moon)は、1934年に生まれた歌で、作詞はロレンツ・ハート、作曲はリチャード・ロジャースによる。ポップスジャズスタンダードナンバーである。

ブルームーン
楽曲
リリース1934年
作詞者ロレンツ・ハート
作曲者リチャード・ロジャース
ブルームーン
ザ・マーセルズシングル
初出アルバム『Blue Moon』
リリース
録音 1961年
ジャンル ドゥーワップ、ロックン・ロール
レーベル Colpix Records
作詞・作曲 ロレンツ・ハート
リチャード・ロジャース
プロデュース Stu Phillips
Danny Winchell
チャート最高順位
  • ビルボード1位
  • 全英1位
テンプレートを表示

概説編集

コード進行は1950年代のポップス作品に多く用いられた循環コード「I-VI-IV-V(C-Am-F-G)」。参考:'50s progression英語版

多くの歌手が原曲どおりにスローなテンポでカヴァーをしているが、1961年にドゥーワップグループザ・マーセルズ英語版が発表したスキャットを交えたロックン・ロールバージョンが大ヒットしたことで同様にアップテンポなカバーも一般的となった。

また映画『狼男アメリカン』(1981年)では、劇中で3つのバージョン(ボビー・ヴィントン、ザ・マーセルズ、サム・クック)が効果的に使用された。映画『ベイブ』(1995年)の中でもネズミたちが歌ったシーンがある。

そのほかではマンチェスター・シティFCアンセムとしても知られる。

主なカヴァー編集

ジャズ編集

ポップス編集

日本人歌手編集