ブルー・アイド・ソウル

ブルー・アイド・ソウル(Blue-Eyed Soul)とは、ポピュラー音楽のジャンルのひとつで、 元来は黒人のものであったR&Bソウルミュージック白人が取り入れ形成した白人の音楽を指す。1960年代前半頃から使用されるようになった音楽用語である。ホワイトソウルや、ホワイト・リズム&ブルースなどの呼び方もある。

Blue-eyed soul
様式的起源 ソウルブルースR&Bゴスペル
文化的起源 1960年代前半。アメリカ合衆国起源。

概要編集

黒人の演奏に憧れて白人がソウルミュージックをやることに、最初は黒人の間にも白人の間にも抵抗感があった。ブルー・アイド・ソウルというジャンルに対しては、本物のソウル、R&Bと比較して軽視する意見も見られた。だが、今日このジャンルに分類されるアーティストの一部は、音楽評論家や音楽ファンから正当に評価されるようになった。60年代の前半にライチャス・ブラザーズに対して「ブルー・アイド・ソウル」という音楽用語が使用され、その後ラジオでオンエアされる白人リズム&ブルースミュージシャンに対しても、この用語が使われるようになった[1]

歴史:1960年、1970年代編集

1960年代に、アメリカにライチャス・ブラザーズ[2]、ヤング・ラスカルズ[3]、イギリスにスペンサー・デイヴィス・グループ[4]ヴァン・モリソンとゼムらが登場し、彼らの音楽はブルー・アイド・ソウルと呼ばれるようになった。1970年代前半には、ストーリーズ「ブラザー・ルイ」[5]、スカイラーク「ワイルド・フラワー」、レッドボーン「カム・アンド・ゲット・ユア・ラブ」など、ブルーアイド・ソウルの名曲、佳曲が生まれた。さらに1970年代後半には、ホール&オーツ、ボズ・スキャッグスらが、ブルーアイド・ソウルのヒットを放った。また1980年代には、カルチャー・クラブ、ディキシーズ・ミッドナイト・ランナーズら第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの一部にブルー・アイド・ソウルのミュージシャンが存在した。

主な作曲家・プロデューサー編集

代表的なアーティスト編集

参考:関連人物・グループ編集

脚注編集

  1. ^ Blue-Eyed Soul
  2. ^ 「ふられた気持ち」「ひき潮」などがヒットした
  3. ^ http://zip2000.server-shared.com/young-rascals.htm
  4. ^ http://mentalitch.com/history-of-the-spencer-davis-group/
  5. ^ https://www.allmusic.com/song/brother-louie-mt0005226674
  6. ^ http://www.leiberstoller.com/
  7. ^ 「イマジナリー・ラバー」「スプーキー」などが代表曲
  8. ^ 代表曲には「ピック・アップ・ザ・ピーセズ」「カット・ザ・ケイク」があげられる
  9. ^ 「インビジブル」がブルーアイド・ソウル曲である
  10. ^ 78年の「ハウ・マッチ・アイ・フィール」が該当曲
  11. ^ 「イフ・アイ・キャント・ハブ・ユー」が該当する
  12. ^ http://www.allmusic.com/artist/van-morrison-mn0000307461

出典編集

関連項目編集