ブルー・チアー

ブルー・チアー
Blue Cheer
Blue Cheer Amstelveen 1968.jpg
1968年デビュー当時のグループショット
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
ジャンル ロック
ハード・ロック
サイケデリック・ロック
ブルース・ロック
活動期間 1967年 - 2009年
レーベル フィリップス・レコード
メガフォース・レコード
Thunderbolt
Nibelung
Rainman
公式サイト 公式ウェブサイト
メンバー ディッキー・ピーターソン (Vo/B)
ダック・マクドナルド (G)
ポール・ウィアリー (Ds)
旧メンバー リー・ステファンズ (G)
ほか 以下を参照

ブルー・チアー(Blue Cheer)は、アメリカ合衆国出身のスリーピースロックバンド

1960年代から活動し、後世に派生していくヘヴィロック・サウンドのルーツを持つバンドの一つとして知られる。

目次

概要・略歴編集

 
1968年デビュー当時のグループショット

サンフランシスコを拠点に活動し、1968年にデビュー。サイケデリック・ロック色の濃いハード・ロックブルース・ロックで知られ、主に1960年代後半から70年代初頭にかけて活躍した。

オリジナルメンバー ディッキー・ピーターソン(Vo/B)以外の流動的なラインナップで、デビューから1971年までの4年間に6枚のアルバムを発表。以降は散発的な集合離散を繰り返す。

13年ぶりの7thアルバム『The Beast Is Back』(1984年)、16年ぶりの10thアルバム『What Doesn't Kill You』(2007年)をリリースするなど創作活動も継続していたが、ディッキー・ピーターソンが2009年に肝臓癌で他界し、バンドの活動は終了した[1]1999年に初来日公演を開催[2]

音楽性編集

もっともよく知られる楽曲は、エディ・コクランザ・フーの曲をカバーした1968年の「サマータイムブルース」である。強烈かつ重厚なディストーションを効かせたそのギター・サウンドは、しばしばいわゆるヘヴィ・メタルの始祖の一つに数えられる。

黎明期のロックならではの荒削りでパワフルな轟音サウンドは、他にもパンク・ロックグランジなど様々なジャンルに影響を与えた。同じ西海岸のサイケデリック・シーンを代表するドアーズジム・モリソンは、ブルー・チアーを評して「これまで目にしたもっともパワフルな、比類なきバンド」と語っている[3]

バンド名の由来編集

なおバンド名の「ブルー・チアー」とはある種のLSDを意味している。当時、グレイトフル・デッドのかつてのパトロンであり、LSD製造で知られるアウズリー・スタンリー(Owsley Stanley)は極めて高純度のLSDを開発した[4]。今日「アウズリー」または「アウズリー・アシッド」の通り名で呼ばれるこの種の超高純度のLSDこそ、当時ストリートで "Blue Cheer"(青い歓喜…あるいは、プロクター・アンド・ギャンブル合成洗剤「チアー」とよく似た、やや青みがかった顆粒)と呼ばれ出回っていたものに他ならない。

メンバー編集

最終ラインナップ編集

 
晩年のディッキー・ピーターソン(Vo/B) 2008年
  • ディッキー・ピーターソン Dickie Peterson - ボーカル/ベース (1967-2009) R.I.P.2009
  • ダック・マクドナルド Andrew "Duck" MacDonald - ギター (1988-1990, 1999-2009)
  • ポール・ウィアリー Paul Whaley - ドラムス (1967-1969, 1984-1985, 1990-1993, 1999-2009)

旧メンバー編集

  • リー・ステファンズ Leigh Stephens - ギター (1967-1968, 2005)
  • エリック・アルブロンダ Eric Albronda - ドラムス (1967)
  • ジェル・ピーターソン Jerre Peterson - ギター (1967, 1974-1975)
  • ベール・ハマナカ (V・ベール) Vale Hamanaka - キーボード (1967)
  • ジェレ・ホワイティング Jere Whiting - ボーカル (1967)
  • ランディー・ホールデン Randy Holden - ギター (1968-1969)
  • ミッチ・ミッチェル Mitch Mitchell - ドラムス (1969)
  • トム・ワイザー Tom Weisser - ギター (1969)
  • ブルース・ステファンズ Bruce Stephens - ギター (1969) R.I.P.2012
  • ラルフ・バーンズ=ケロッグ (イーサン・ジェームス) Ralph Burns Kellogg - キーボード (1969-1972) R.I.P.2003
  • ノーマン・メイヤー Norman Mayell - ドラムス (1969-1972)
  • ゲイリー・リー・ユッダー Gary Lee Yoder - ギター (1969-1972)
  • ルベン・ディフエンテス Ruben de Fuentes - ギター (1974-1975, 1987-1988)
  • テリー・レイ Terry Rae - ドラムス (1974-1975)
  • ニック・セント・ニコラス Nick St. Nicholas - ベース/ボーカル (1975)
  • トニー・レーニエ Tony Rainier - ギター (1978-1979, 1984-1987)
  • マイク・フレック Mike Fleck - ドラムス (1978-1979)
  • ブレント・ハークネット Brent Harknett - ドラムス (1985-1987)
  • ビリー・カーマッシ Billy Carmassi - ドラムス (1987)
  • エリック・デイビス Eric Davis - ドラムス (1987-1988)
  • デイビット・サル David Salce - ドラムス (1988-1990)
  • ダイエッター・サラー Dieter Saller - ギター (1990-1994)
  • ゲイリー・ホーランド Gary Holland - ドラムス (1993-1994)
  • プレーリー・プリンス Prairie Prince - ドラムス (2005)
  • ジョー・ハッセルバンダー Joe Hasselvander - ドラムス (2004-2005, 2009)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム
  • Vincebus Eruptum (1968)
  • Outsideinside (1968)
  • New! Improved! (1969)
  • Blue Cheer (1969)
  • The Original Human Being (1970)
  • Oh! Pleasant Hope (1971)
  • The Beast Is Back (1984)
  • Highlights and Lowlives (1990)
  • Dining with the Sharks (1991)
  • What Doesn't Kill You (2007)
ライブ・アルバム
  • Blitzkrieg Over Nüremberg (1989)
  • Hello Tokyo, Bye Bye Osaka – Live in Japan 1999 (1999)
  • Rocks Europe (2009)

脚注編集

  1. ^ ブルー・チアーのフロントマン、Dickie Petersonが死去 - 芽瑠璃堂
  2. ^ Blue Cheerプロフィール - タワーレコード
  3. ^ American Artists”. American Artists. 2010年10月21日閲覧。
  4. ^ "Psychedelic Icon Owsley Stanley Dies in Australia", Reuters, March 13, 2011

外部リンク編集