ブルー・ナ・ボーニャ

座標: 北緯53度41分34秒 西経6度26分58秒 / 北緯53.69284度 西経6.44932度 / 53.69284; -6.44932 ブルー・ナ・ボーニャ(Brú na Bóinne, ボインの宮殿)は、アイルランドボイン川の屈曲部に位置する新石器時代石室墳、立石、その他先史的遺跡群の複合体で、国際的にも重要なものである。時代が下ると、鉄器時代には墓地として使われ、中世にはノルマン人が入植した。また、1690年にはボイン川の戦いの舞台にもなった。

世界遺産 ブルー・ナ・ボーニャ -
ボイン渓谷の遺跡群
アイルランド
ニューグレンジ
英名 Brú na Bóinne - Archaeological Ensemble of the Bend of the Boyne
仏名 Brú na Bóinne - Ensemble archéologique de la Vallée de la Boyne
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (3), (4)
登録年 1993年
備考 2013年に登録名変更。
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示
ブルー・ナ・ボーニャの位置(アイルランド内)
ブルー・ナ・ボーニャ
ブルー・ナ・ボーニャ
アイルランド内の位置

この一帯はしばしばボイン渓谷 (Bend of the Boyne) と呼ばれ、不正確にも「ブルー・ナ・ボーニャ」それ自体を指すときにも使われることがある。世界遺産に登録されているのは、アイルランドの国定史跡にもなっている部分である。

概要編集

面積は780 haで、他の先史的遺跡群と同じような40の羨道墳を含んでいる。史跡の大部分は、川の北側に集中している。ブルー・ナ・ボーニャで最も有名な遺跡は、巨石群の特筆すべき集積体であるニューグレンジ (Newgrange)[1]ノウス (Knowth)、ドウス (Dowth) の各墳墓である。それらは川の屈曲部の稜線に立てられており、ノウスとニューグレンジは、より古い史跡で使われていた石を再利用しているようにも見える。この地でのより早い活動の痕跡は、中石器時代の狩人が遺したらしい火打石などを除けば、発見されていない。

川の屈曲部では、他にも多くのエンクロージャーや巨石遺跡が確認されている。上掲の3つの墳墓に加えて、いくつかの祭祀場が次のような遺跡を形成している。

  • ドウス・ホール羨道墳群 (Dowth Hall passage graves)
  • Cloghalea Henge
  • タウンレイホール羨道墳 (Townleyhall passage grave)
  • モンクニュータウンヘンジ (Monknewtown henge) と祭礼の泉 (ritual pond)
  • Newgrange cursus

3つの主要巨石遺跡は、天文考古学上の重要な意味も持っている。ニューグレンジとドウスは冬至の太陽に対応し、ノウスは春分の太陽に対応しているのである。隣接する遺跡群についても、他の対応関係がないか検討されている。また、渓谷のブルー・ナ・ボーニャのレイアウトやデザイン自体も、天文学的意味の検討がなされている。

ボイン渓谷の西側、東側、南側が囲まれているように、北側はボイン川の支流であるマトック川が流れており、ほとんど完全に水に囲まれているようなものである。2つの先史的遺跡を除けば、全てがこの川の地峡に存在しているのである。

ブルー・ナ・ボーニャ案内センター編集

ニューグレンジとノウスへはガイド付きツアーでしか立ち入れない。ツアーは、ブルー・ナ・ボーニャ案内センター (Brú na Bóinne Visitor Centre) から出発することになっている。

世界遺産編集

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ヘクター・マクドネル『ケルト、神々の住む聖地 アイルランドの山々と自然』創元社、2014年、7頁。ISBN 978-4-422-21466-5

参考文献編集

  • Lewis-Williams, D and Pearce, D, Inside the Neolithic Mind, Thames and Hudson, London, 2005, ISBN 0500051380