ブルー・ラグーン (カクテル)

ブルー・ラグーン (Blue Lagoon) は、ウォッカベースのカクテル。カクテル名の Lagoon は湖または湾のことで、本カクテルも鮮やかな青色をしている。

概要編集

バラライカのバリエーションで、ホワイトキュラソーをブルーキュラソーにかえたものである[1]

パリハリーズ・ニューヨーク・バー英語版のアンドリュー・マッケルホーン (Andrew MacElhone)が1960年に考案した[1]。アンドリューはバーの創始者ハリー・マッケルホーン英語版の息子である[1]

標準的なレシピ編集

作り方編集

  1. シェークする。
  2. 氷を入れたフルート型シャンパングラスまたはソーサー型シャンパングラスに注ぐ。
  3. オレンジ、レモン、チェリーを飾り、ストローを添える。
  • ロングタイプ
  1. シェークする。
  2. タンブラーに注ぐ。
  3. 氷を入れ、ソーダで満たす。
  4. オレンジ、レモン、チェリーを飾り、ストローを添える。

備考編集

出典編集

  1. ^ a b c (フランス語) Cocktails. L'encyclopédie. Proxima Editions. (2000). p. 185. ISBN 978-2845500402 

文献編集

  • 社団法人日本バーテンダー協会編著 『ザ・カクテルブック』発行:株式会社柴田書店 1991年12月10日初版 ( ISBN 4-388-05666-9 )

外部リンク編集