メインメニューを開く

ブレイク・ザ・ボーダー!

ブレイク・ザ・ボーダー!』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。月組[1]公演。形式名は「ショー[1]」。20場[1]。作・演出は石田昌也[1]。併演作品は『銀の狼[1]』。

公演期間と公演場所編集

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[2]参考。

ボーダーレスの世界の到来を反映して、世の中の決まり切った境界線を取り払い、少し変わった角度からいろいろなものや状況の境目を観察したショー作品。石田昌也の宝塚大劇場の演出デビュー作品。また、この公演から麻乃佳世が正式に涼風真世の相手役になり、その新コンビのお披露目公演になった。

スタッフ編集

※『宝塚歌劇80年史[1]』を参考にした。

主な配役編集

※『宝塚歌劇80年史[1]』を参考にした。

  • ジェロニモ、青年、龍神の男、レディ、ドリーマー - 涼風真世
  • インディアンの娘①、少女、レディA、ドリーマー - 麻乃佳世
  • インディアンの青年①、プリズナーA、スパニッシュ、紳士 - 天海祐希
  • 警備員 - 汝鳥伶
  • バレエの教官 - 京三紗
  • スパニッシュの歌手 - 愛川麻貴
  • インディアンの青年②、ギャングA、青年 - 若央りさ
  • インディアンの青年③、ギャングA、スパニッシュ - 久世星佳
  • インディアンの娘②、踊る娘A - 羽根知里
  • インディアンの娘③、看守の女A、踊る娘A - 紫とも
  • スパニッシュの娘 - 風花舞

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 348.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 167.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3