ブレンダン・ビーハン

ブレンダン・フランシス・ビーハン(Brendan Francis Aidan Behan[1]1923年2月9日 - 1964年3月20日)は、アイルランド作家劇作家[2][3][4]。出生地も死没地もダブリンである。日本では「ブレンダン・ベーハン」「ブレンダン・ビーアン」などともしばしば表記される[5]

ブレンダン・ビーハン

16歳でアイルランド共和軍のメンバーになったが、爆発物の所持などテロの容疑で16歳という若さで逮捕された。そして、少年院で3年間を過ごした後、1942年に再び逮捕され、14年の禁固刑が言い渡された。

このように、刑務所生活が長かったことはビーハンの大きな特徴である。そのため彼は、刑務所生活の経験・体験をもとにした作品を数多く生み出している。

作品編集

演劇編集

  • The Quare Fellow (1954)
  • An Giall (The Hostage) (1958)
    • Behan wrote the play in Irish, and translated it to English.
  • Richard's Cork Leg (1972)
  • Moving Out (one-act play, commissioned for radio)
  • A Garden Party (one-act play, commissioned for radio)
  • The Big House (1957, one-act play, commissioned for radio)

編集

  • Borstal Boy (1958)
  • Brendan Behan's Island (1962)
  • Hold Your Hour and Have Another (1963)
  • Brendan Behan's New York (1964)
  • Confessions of an Irish Rebel (1965)
  • The Scarperer (1963)
  • After The Wake: Twenty-One Prose Works Including Previously Unpublished Material (posthumous – 1981)

音楽編集

  • Brendan Behan Sings Irish Folksongs and Ballads Spoken Arts Records SAC760 (1985)'
  • "The Captains and the Kings"

伝記編集

  • Brendan Behan – A Life by Michael O'Sullivan
  • My Brother Brendan by Dominic Behan
  • Brendan Behan by Ulick O'Connor
  • The Brothers Behan by Brian Behan
  • With Brendan Behan by Peter Arthurs
  • The Crazy Life of Brendan Behan: The Rise and Fall of Dublin's Laughing Boy by Frank Gray
  • My Life with Brendan by Beatrice Behan
  • Brendan Behan, Man and Showman by Rae Jeffs

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Brendan Behan: A Life, Michael O'Sullivan, pg 23
  2. ^ 367日誕生日大事典. “ブレンダン ビーハンとは” (日本語). コトバンク. 2021年3月20日閲覧。
  3. ^ 20世紀西洋人名事典. “ブレンダン・フランシス ビーハンとは” (日本語). コトバンク. 2021年3月20日閲覧。
  4. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 百科事典マイペディア,世界大百科事典. “ビーハンとは” (日本語). コトバンク. 2021年3月20日閲覧。
  5. ^ 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典. “ベーハンとは” (日本語). コトバンク. 2021年3月20日閲覧。