メインメニューを開く

ブレント・リー・ハニーウェルBrent Lee Honeywell, 英語発音: [brɛnt ˈhʌniˌwɛl][1]; 1995年3月31日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州フランクリン郡カーンズビル英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBタンパベイ・レイズ所属。

ブレント・ハニーウェル
Brent Honeywell
タンパベイ・レイズ #21
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州フランクリン郡カーンズビル英語版
生年月日 (1995-03-31) 1995年3月31日(24歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 MLBドラフト2巡目(全体72位)でタンパベイ・レイズから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

2014年MLBドラフト2巡目(全体72位)でタンパベイ・レイズから指名され、プロ入り[2]。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級プリンストン・レイズ英語版でプロデビュー[3]。9試合(先発8試合)に登板して2勝1敗・防御率1.07・40奪三振の成績を残した。

2015年はA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版とA+級シャーロット・ストーンクラブズでプレーし、2球団合計で24試合に先発登板して9勝6敗・防御率3.18・129奪三振の成績を残した。

2016年はA+級シャーロットとAA級モンゴメリー・ビスケッツでプレーし、2球団合計で20試合に先発登板して7勝3敗・防御率2.34・117奪三振の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。

2017年はAA級モンゴメリーとAAA級ダーラム・ブルズでプレーし[4][5]、2球団合計で26試合に先発登板して13勝9敗・防御率3.49・172奪三振の成績を残した。7月9日にはオールスター・フューチャーズゲームにアメリカ合衆国選抜として出場し[6]、2イニング4奪三振無失点と好投してMVPを受賞した。オフの11月20日にはルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[7]

投球スタイル編集

洗練されたフォームから5球種を操り、1974年サイ・ヤング賞投手であるマイク・マーシャル(当時ロサンゼルス・ドジャース)から間接的に学んだスクリューは難攻不落と言われる[8]

詳細情報編集

脚注編集

  1. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年3月19日閲覧。
  2. ^ Rays pick two pitchers to end draft's first day”. Tampa Bay Times. 2017年8月9日閲覧。
  3. ^ Another Honeywell begins professional career in Princeton”. Bluefield Daily Telegraph. 2017年8月9日閲覧。
  4. ^ Rays’ top pitching prospect Brent Honeywell ready for 2017 season”. Montgomeryadvertiser.com (2017年4月5日). 2017年8月9日閲覧。
  5. ^ David Hill (2017年4月17日). “Tampa Bay Rays Promote Brent Honeywell to Durham”. Rayscoloredglasses.com. 2017年8月9日閲覧。
  6. ^ http://www.tampabay.com/blogs/rays/rays-prospect-brent-honeywell-excited-to-start-futures-game/2329823
  7. ^ Bill Chastain (2017年11月20日). “Honeywell, Bauers added to 40-man roster” (英語). MLB.com. 2017年12月13日閲覧。
  8. ^ 「2017プロスペクト・ランキングTOP100」『月刊スラッガー』2017年5月号 日本スポーツ企画出版社 36頁

外部リンク編集