ブロケード日本競走馬。第41回桜花賞の優勝馬。巴賞におけるハギノトップレディとの名勝負でも名高い。主戦騎手柴田政人で、すべてのレースで手綱をとった。なお、総獲得賞金2億3997万6200円は当時の牝馬最高獲得賞金記録であった。

ブロケード
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1978年3月16日
死没 2010年11月16日(32歳没)
イエローゴッド
マリンエクスプレス
母の父 スパニッシュイクスプレス
生国 日本北海道静内町
生産者 三澤牧場
馬主 伊達秀和
調教師 高松邦男美浦
競走成績
生涯成績 24戦6勝
獲得賞金 2億3997万6200円
テンプレートを表示

戦歴編集

1980年8月に函館競馬場でデビュー。1000メートルの新馬戦を2着に7馬身差をつけて勝利したが、レース後軽度の骨折が見つかり、大事を取って半年間休養することとなる。

明け4歳となり、復帰戦となったダートの自己条件戦を久々のレースながら逃げ勝ち、桜花賞トライアル4歳牝馬特別に出走する。京成杯3歳ステークスの勝ち馬タケノダイヤに人気が集中していたが、レースは2着のアグネステスコに6馬身差をつけてブロケードが勝利。3戦無敗で桜花賞に臨んだ。この年の桜花賞は、いわゆる「田んぼのような」不良馬場で行われ、長く降り続いた雨の影響でもまだ開花していなかった。前走で重馬場を克服していることもあり、ブロケードは1番人気に推された。レースでは無理に逃げることなく、3番手を追走。4コーナーで先頭に立つと、そこからは独走。追い込むテンモンに3馬身半差をつけ優勝を果たした。実況の杉本清は、「金襴緞子が泥にまみれてゴールイン!」という名調子でこの勝利の模様を伝えた[1]

続いて、二冠を目指し優駿牝馬に出走したが、距離延長への不安から4番人気という評価で、レースでも直線半ばで失速し、テンモンの13着という結果に終わった。優駿牝馬の後は、夏の目標を函館記念に定め、短期休養後の前哨戦として巴賞に出走する。前年の桜花賞馬ハギノトップレディも登録していたこともあり、新旧桜花賞馬対決として、レース前からファンの注目を集めていた。ブロケードは、斤量が55キロとハギノトップレディの59キロに比して斤量面では恵まれていたが、逃げ比べでは及ばないと見られ、3番人気に過ぎなかった。レースは、ハギノトップレディが1000メートルを57秒3というハイペースで逃げ、ブロケードは2番手で折り合いをつける。3コーナー手前で、ハギノトップレディがペースを落とした隙を見計らい一気に先頭を奪うと、4コーナーではハギノトップレディに1馬身差をつけた。ここまでは、柴田の作戦通りの理想的な展開だった。

しかし、この後ハギノトップレディがブロケードの外に出ると猛然と追い込んで馬体を併せ、ゴールまで激しい競り合いが続いた。勝敗は写真判定に持ち込まれたが、ブロケードがアタマ差及ばなかった。この後は、予定通り函館記念に出走するも、同じ4歳のホーワセキトに4馬身差の2着に終わった。

秋は、牝馬東タイ杯から始動。牝馬限定のマイル戦では敵は無く、1番人気に応えた。続いて、エリザベス女王杯に向かうも距離の壁は厚く、アグネステスコの13着に終わった。この後は、短距離戦を中心に走ることとなり、CBC賞を2着として4歳シーズンを終える。

1982年の初戦は、2月のスプリンターズステークス。前年の同レースの覇者であるサクラシンゲキを1馬身4分の3抑えて快勝した。古馬となっての勝利は結局このレースだけだったが、これは、当時の短距離戦はハンデ戦が多くブロケードの実績では重い斤量を背負わざるを得なかったことや、レース体系が未整備で目標となるレースが少なかったことが影響している。この後、ブロケードは1983年8月の函館記念まで走り、掲示板を外したのは13戦中わずか3戦という高い安定感を見せ、函館競馬場で引退式を挙行した。

エピソード編集

馬名の意味のブロケード (brocade) とは、サテン地に浮き模様を織り出した織物(もともとは絹織物)のこと。この織物で金襴緞子(きんらんどんす、金箔を織り込んだ織物のこと)もよく作られることから、オーナーが金襴緞子をブロケードと勘違いして付けたようである。ちなみに半妹ジャカード(父:サンシャインボーイ)がいるが、この名前も織物の名前である。

引退後編集

1984年からオーナーの伊達秀和が所有するサンシャイン牧場繁殖牝馬となったが、直仔からは目立った産駒を出すことはできなかった。

2001年シーズンで繁殖牝馬を引退後は、同牧場で功労馬として余生を送っていた。

2010年11月16日、老衰のため死亡した[2]。32歳没。

年度別競走成績編集

繁殖成績編集

生年 馬名 毛色 厩舎 馬主 戦績
初仔 1986年 マジックカーペット 鹿毛 ノノアルコ 美浦・高松邦男 伊達秀和 2戦0勝(繁殖牝馬・2005年用途変更)
2番仔 1988年 ボニータ 鹿毛 ナイスダンサー 美浦・高松邦男→美浦・伊藤竹男 伊達秀和 2戦1勝(繁殖牝馬・2002年死亡)
3番仔 1989年 マダムポンパドール 栗毛 パーシャンボーイ 美浦・高松邦男→北海道・須藤三千夫→金沢・米田興二 伊達秀和→川上悦夫→米澤郁也→司物産(株) 22戦1勝(繁殖牝馬・2007年用途変更)
4番仔 1990年 ダンケルク 栗毛 サンテステフ 美浦・高松邦男→水沢・菅原右吉→水沢・新田守→中津・小田部磨留男→佐賀・手島豊 伊達秀和→門脇義秋→元吉道雄→成安ツキ子 87戦8勝(引退)
5番仔 1991年 トーストマスター 黒鹿毛 パルナシャン 美浦・高松邦男→高崎・水野清貴 伊達秀和→原口常雄 15戦2勝(引退)
6番仔 1992年 コンアモール 栗毛 アサティス 美浦・高松邦男 伊達秀和 23戦0勝(繁殖牝馬・2010年転売不明)
7番仔 1993年 モデスト 黒鹿毛 パルナシャン 美浦・高松邦男→川崎・秋山重美 伊達秀和 23戦4勝(繁殖牝馬・1999年死亡)
8番仔 1996年 フォローミー 鹿毛 リズム 美浦・高松邦男→高崎・水野清貴→金沢・青山義明→金沢・奥高平 伊達秀和→吉田秀次→矢尾隆雄 72戦4勝(引退)
9番仔 1997年 フラジオレット 栗毛 ポリッシュパトリオット 美浦・高松邦男 伊達秀和 4戦0勝(繁殖牝馬・2003年用途変更)

血統表編集

ブロケード血統レッドゴッド系 / Nasrullah3×5=15.63% PharosFairway5.5×4=9.38% (血統表の出典)

*イエローゴッド
Yelllow God
1967 栗毛
父の父
Red God
1954 栗毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Spring Run Menow
Boola Brook
父の母
Sally Deans
1947 栗毛
Fun Fair Fair Trial
Humoresque
Cora Deans Coronach
Jennie Deans

マリンエクスプレス
1969 鹿毛
*スパニッシュイクスプレス
Spanish Express
1962 鹿毛
Sovereign Path Grey Sovereign
Mountain Path
Sage Femme Le Sage
Sylvia's Grove
母の母
アンジェラス
1957 栗毛
シマタカ プリメロ
第参マンナ
フジトモ 月友
神藤 F-No.7-c


牝系小岩井農場の基礎輸入牝馬の一頭であるアストニシメント系である。半姉エバの孫にマイネルデスポット(2001年菊花賞2着)がいる。

孫に1999年グランシャリオカップを制したマイシーズン、曾孫に2006年アイビスサマーダッシュを制したサチノスイーティー2007年東京ダービーを制したアンパサンドがいる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 鞍上の柴田は「馬場のいいところを走ったので、泥はかぶらなかった」と後年振り返っている
  2. ^ “81年桜花賞馬ブロケード、老衰のため死亡”. サンケイスポーツ. (2010年11月18日). http://www.sanspo.com/keiba/news/101118/kba1011180501000-n1.htm 2011年2月14日閲覧。 

外部リンク編集