メインメニューを開く

ブロックワイドとは、ラジオ番組における制作・構成手法の1つである。長時間の番組枠(ワイド番組)を細分化して、スポンサーに切り売りする。その切り売りされた「ブロック」を、「ワイド番組」のメイン・パーソナリティがつないでいくスタイルのことを言う。

主に、中波ラジオ局において、平日午前から午後にかけてのワイド番組に多く採用されている。また、JFN系FM局の早朝ワイドも、部分的に仕組みを取り入れている。1970年代から1990年代にかけては、大都市圏の中波ラジオ局で放送されていた平日夜の若者向けワイド番組でも同様の構成がとられたが、ピーク時には様々な問題も起こった(後述)。

目次

形態の例編集

  • 1時間のワイド番組を、10分ごと6つの枠(ブロック)に分け、それぞれを「コーナー番組(フロート番組、箱番組とも)」としてスポンサーに販売する。その合間をメイン・パーソナリティが自らのしゃべりでつないでいく。
  • 「コーナー番組」はその大半において、事前に収録しておいたテープを当該時刻に放送するものであったが、一部はメイン・パーソナリティがワイド番組の流れで進行するものや、スポットニュース交通情報などを「コーナー番組」の範疇と考えるケースも一部にはあった。
  • ワイド番組はそのほとんどが生放送であったことから、ワイド番組内の「コーナー番組」も、一部を除き放送開始時刻が厳密に決められておらず、分・秒単位が任意開始(所謂「アンタイム[1]」)であった。微妙な時間配分は常に、メイン・パーソナリティのしゃべりに左右されるという特徴もある。

メリット・デメリット編集

メリット編集

  • スポンサーや広告代理店などの持ち込み企画を形にしやすい
例えば、スポンサーがイメージキャラクターCMキャラクターなどに起用したタレントが担当する「コーナー番組」へ提供しやすくなる。
  • 旬のタレントなどを起用したコーナー番組が、ワイド番組全体の底上げとなることもあり、聴取率上昇の相乗効果も狙える
実際に、1980年代から1990年代初頭までは、アイドル歌手やロックバンドのメンバーなどが担当した「コーナー番組」が、聴取率調査時には有効な存在となり、出演者を、ワイド番組自体のゲストとして迎えたり、通常は事前録音のコーナー番組枠を、メイン・パーソナリティと共に、生放送で進行することもあった(主に、聴取率調査時の特別企画として行われた)。
  • ワイド番組自体に人気が出ると、内包されているコーナー番組への注目度が上がることから、聴取率調査でも有利となる
こちらは上記とは全く逆のケースであり、ワイド番組自体の企画力やパーソナリティの魅力により、聴取率が上昇し、それにあやかる格好で、新たな「コーナー番組」が生まれることもあった。ただし、こちらは下記デメリットと紙一重であり、実際に「コーナー番組」の増やしすぎによる「自滅的番組打ち切り」という例もあった(後述)。

デメリット編集

  • ワイド番組の流れを削いでしまうリスクが高くなる
内包するコーナー番組は、ワイド番組自体の性格や聴取者層などを踏まえて選択しないと、ワイド番組内で浮いた存在となってしまい、それがワイド番組の人気を下げてしまう遠因にもなり得る。
  • 「コーナー番組」の存在が、シビアな時間配分を要求することがある
コーナー番組は基本的に録音など、パッケージ化されたものが多く、それらはCMを含めた本編時間(=尺)が厳密に決められていることから、予定入り時間を守らないと、その後の番組進行が「コーナー番組」の消化最優先になり、メイン・パーソナリティのしゃべりが出来なくなるというリスクがある。
  • 「コーナー番組」が乱立しすぎると、本来のメイン・パーソナリティの魅力が発揮されず、番組の寿命を縮めてしまう
実際に、1976年昭和51年)から1982年(昭和57年)まで、ニッポン放送で放送された、若者向け夜ワイド番組「大入りダイヤルまだ宵の口」は、コーナー番組の乱立がデメリットとなった分かりやすい例である。この番組が打ち切りとなる直前には、4時間の番組枠の中に14本のコーナー番組が組み込まれていたことから、メイン・パーソナリティが本来のトークを発揮できず、コーナー番組を繋いでいくだけの存在になってしまっていた。これによってワイド番組としての魅力が薄れ、リスナーが離れていく要因となった。
さらに後継となった『くるくるダイヤル ザ・ゴリラ』も『まだ宵の口』のスタイルを完全に引き継いだことが仇となり、1年6ヶ月で打ち切り。ニッポン放送では、次の『ヤングパラダイス』で内包番組を2時間で4本まで削減、パーソナリティの個性を前面に出す施策を取り、奏効させた。

過去の「ブロックワイド」番組編集

【備考】ここでは在京民放中波局の、平日夜の若者向けワイド番組に限定して記している。

東京放送(TBSラジオ)
文化放送
ニッポン放送

脚注編集

  1. ^ 生放送では基本的にこのスタイルを取ることが多い。番組進行に合わせてそれぞれのコーナー開始・終了時間やCMの入り時間を調整する仕組みが「アンタイム」である。
    対義語は「フィックスタイム」。収録番組は事前に編集しているため、それぞれのコーナー開始・終了時間やCM入り時間が事前に分かっていることから、コンピューター制御で自動送出が可能である。
  2. ^ この番組が放送されている期間、当時の所謂「ヤングタイム」と言われていた22時台よりも前の20時〜21時台に、同様の聴取者層をターゲットとした「ペパーミント・ストリート 青春大通り」が放送されていた。

出典・引用編集