メインメニューを開く

ブロッケン山(ブロッケンさん、ドイツ語: Brocken)は、ドイツハルツ山地の最高峰であり、ドイツの北部州での最高峰でもある。エルベ川ヴェーザー川に囲まれた場所に位置し、頂上から一番近くにある町は、ザクセン=アンハルト州シールケ英語版である。標高は1,141mであるが、気候は2,000m級の山に相当する。森林限界より標高の高い場所では、9月から5月という長期間にわたり、積雪がある。山頂は年間300日は霧に覆われ、年間の平均気温は2.9℃。ドイツの北部州では最も東に位置する山脈で、そこから東の方向にはロシアウラル山脈に至るまで、名だたる山脈は見られない。

ブロッケン山
ブロッケン山
標高 1,141 m
所在地 ドイツの旗 ドイツ
位置 北緯51度48分05秒
東経10度36分53秒
座標: 北緯51度48分05秒 東経10度36分53秒
山系 ハルツ山地
ブロッケン山の位置(ドイツ内)
ブロッケン山
ブロッケン山
ブロッケン山の位置(ドイツ
ブロッケン山の位置(ヨーロッパ内)
ブロッケン山
ブロッケン山
ブロッケン山の位置(ヨーロッパ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

年に一回魔女が集まって(ヴァルプルギスの夜)魔女の饗宴をする山と言われ、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの戯曲『ファウスト』にも登場する。登山者の影が霧に投影されてできる視覚効果であるブロッケン現象が起こりやすいことで有名。

ハルツ国立公園英語版内に位置する。山頂には、1,600種類の高山植物が見られる植物園「ブロッケンガルテン」(Brocken Garden)がある。なだらかな山であるため、山頂までブロッケン鉄道英語版が通じ、蒸気機関車やマウンテンバイクでも登ることができる。山頂にある博物館には、自然や植物に並んで、旧東ドイツ領に属していた時代の展示もある[1]

山頂は、FMラジオテレビの放送に用いられている。旧テレビ塔「ゼンデル・ブロッケン」(Sender Brocken)は、現在はホテル・レストランとなっている。展望台があり、旅行客に開放されている。

地理編集

 
山頂
 
山頂に積まれた花崗岩

周辺との位置関係編集

ブロッケン山はハルツ国立公園英語版内に位置する。山頂から12km東北東には、ザクセン=アンハルト州ハルツ郡英語版の中心都市であるヴェルニゲローデがある。山頂のあるザクセン=アンハルト州と隣のニーダーザクセン州との州境は、山頂から西に約2kmのところを走っている。また、山頂から南東側の麓には、温泉地の町シールケ英語版がある。

北側の山頂付近にはブロッケンタイヒ英語版と呼ばれる貯水池があり、1744年に造成された。ブロッケン山とその周辺地域は、ボーデ川英語版ザーレ川の支流)、エッカー川英語版オーカー川の支流)、イルゼ川英語版オーカー川の支流)、およびオーデル川(英語版Oderアラー川の支流であるルーメ川英語版の支流)の水源となっている。円形をした山頂部には木が生えておらず、矮性低木があるばかりである。

山頂およびその標高編集

ブロッケン山の最高峰は海抜1141.1mであり、副峰にはハインリクスヘーエ英語版(1040m)、ケーニヒスベルク英語版(1034m)、クライナー・ブロッケン(小ブロッケン)(1018m)などがある。

1989年まではほぼ全ての地図や書籍にブロッケン山の標高は1142mと記されていたが、1990年代の初めに行われた現行のシステムによる精査の結果、標高は1141.1mとなった。従来どおりの標高で山頂を基準点とした測量ができるようにするため、1990年代半ばに山頂に花崗岩の岩塊が据え付けられたが、もとの標高からさらに約1mの上積みとなった。花崗岩の中には、「1142m」を指す基準点のプレートが埋め込まれている[2]

地質編集

地質学的観点では、ブロッケン山とその周辺地域があるブロッケン山塊は、火成岩であるブロッケン花崗岩と呼ばれる花崗岩から主として構成されている。ハルツ山地を形成するブロッケン・ラムベルク・オーカー深成岩は、約3億年前のハルツ造山期の終わり(後期石炭紀)にかけて出現した。最初に、アルカリ性マグマが上部にある堆積物の地層に貫入して晶出(液体から結晶が析出すること)が起こり、ハルツブルク斑糲岩(Harzburg gabbro)と呼ばれる斑糲岩閃緑岩の山塊を形成した。その後、珪石の含有率の高い花崗岩のマグマが地下から上昇し、もとの岩石に割れ目や隙間を作ったものも一部あったが、多くは既存の地層を溶かして別の岩石を形成した。既存の地層と花崗岩の地層の境界部には接触変成帯があり、さまざまな変成作用が見られる。例えば、副峰のアクターマンズヘーエ英語版の頂上部は、花崗岩の地層の上部における接触変成によって形成されたホルンフェルスと呼ばれる岩石からできている。後年代の白亜紀後期にハルツ山地が隆起したことに伴って河川による侵食が起こり、山頂部を覆っていたホルンフェルスが消失したことにより、石炭紀後期に地下で結晶化された花崗岩が露出した。ブロッケン花崗岩の硬度が高いのは、侵食が始まるまで長期間にわたり、山頂部が気候の影響を受けにくいホルンフェルスによって保護されていたためである。

地質学的には新しい時代区分となる第三紀以降になってから、ブロッケン山の花崗岩の露出部分や、単独の岩(巨礫)となった花崗岩に球状風化英語版が発生した。球状風化のある岩石原は、中央ヨーロッパにおいてはアルプス山脈以外では珍しいため、保全措置が取られている。岩石原は主として周氷河氷河時代と、氷河の後退期の繰り返し)の状況下で形成された。したがって、今日のブロッケン花崗岩の岩石原や、オーデル渓谷などの ハルツ国立公園英語版にある岩石は、少なくとも1万年以上前のものである。これらの地形は、凍結風化英語版などの物理的風化作用によって形成された。結果として、結合力の弱い岩石がうずたかく積み上がった状態となっている。2006年に、ブロッケン山の岩石原は、他の76のジオトープとともに、国定ジオトープ(National Geotope)に指定されている。 [3]

気候編集

 
雨温図
 
冬の風景(2003)
 
冬の旧テレビ塔(2001)

ブロッケン山の気象条件は過酷である。ドイツ北部の偏西風を受けやすい場所に位置するため、山頂部は森林限界の上にある。ブロッケン山の気候は、高山の気候、もっといえばアイスランドの標高1,600mから2,200mの気候に匹敵する。夏が短く、冬が長く、連続冠雪期間が長く、風が強く、夏でも気温が低いためである。しかしながら、山頂部は夏季の平均気温が10度を超えるため、高山気候ではない。

周囲の地形との高低差のため、ブロッケン山の年間降水量(1961年~1990年)平均値は1,814mmと、中欧北部では最も多い。年平均気温は2.9度である。 [4]

ブロッケン山の測候所では次のような極値が記録されている。[5]

  • 最高気温     :29.0度(2012年8月20日)
  • 最低気温     :-28.4度(1956年2月1日)
  • 雪日数      :205日(1973年)
  • 最大積雪量    :380cm(1970年4月14日、15日)
  • 最大風速     :263km/時(1984年11月24日)
  • 年間降水量最大値 :2,355mm(1981年)
  • 年間降水量最小値 : 984mm(1953年)
  • 年間日照時間最大値:2004.5時間(1921年)
  • 年間日照時間最小値: 972.2時間(1912年)

また、ブロッケン山の年間霧日数330日(1958年) [6]および平均年間雪日数120日[7] は、ドイツ国内最高記録となっている。

ブロッケン (1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 14.0
(57.2)
12.3
(54.1)
17.5
(63.5)
21.4
(70.5)
24.1
(75.4)
26.1
(79)
28.5
(83.3)
29.0
(84.2)
24.4
(75.9)
21.9
(71.4)
19.8
(67.6)
12.5
(54.5)
29.0
(84.2)
平均最高気温 °C (°F) −1.2
(29.8)
−1.4
(29.5)
0.8
(33.4)
5.0
(41)
9.9
(49.8)
12.3
(54.1)
14.8
(58.6)
14.6
(58.3)
10.7
(51.3)
6.8
(44.2)
2.2
(36)
−0.2
(31.6)
6.19
(43.13)
日平均気温 °C (°F) −3.4
(25.9)
−3.6
(25.5)
−1.5
(29.3)
2.3
(36.1)
6.9
(44.4)
9.3
(48.7)
11.8
(53.2)
11.8
(53.2)
8.3
(46.9)
4.5
(40.1)
0.1
(32.2)
−2.4
(27.7)
3.68
(38.6)
平均最低気温 °C (°F) −5.7
(21.7)
−5.9
(21.4)
−3.8
(25.2)
−0.4
(31.3)
3.9
(39)
6.3
(43.3)
8.8
(47.8)
8.9
(48)
5.8
(42.4)
2.1
(35.8)
−2.0
(28.4)
−4.6
(23.7)
1.12
(34)
最低気温記録 °C (°F) −27.5
(−17.5)
−28.4
(−19.1)
−19.6
(−3.3)
−12.6
(9.3)
−8.7
(16.3)
−3.0
(26.6)
−0.1
(31.8)
0.0
(32)
−2.6
(27.3)
−10.3
(13.5)
−16.1
(3)
−25.0
(−13)
−28.4
(−19.1)
降水量 mm (inch) 206.5
(8.13)
147.8
(5.819)
171.8
(6.764)
101.4
(3.992)
116.6
(4.591)
129.2
(5.087)
150.6
(5.929)
146.9
(5.783)
166.7
(6.563)
160.9
(6.335)
199.3
(7.846)
225.0
(8.858)
1,922.7
(75.697)
平均降水日数 21.2 18.1 18.7 13.8 13.7 14.5 15.1 14.2 14.9 16.8 20.4 22.0 203.4
平均月間日照時間 64.0 77.7 94.3 147.6 186.0 168.6 181.0 175.9 122.0 95.9 49.5 54.7 1,417.2
出典: Météo Climat

植生編集

 
森林限界

ブロッケン山では、厳しい気候のため、希少種の植物が生息している。山頂の植物および動物の分布は、スカンジナビア半島アルプス山脈と同じ亜高山帯のものである。

ブロッケン山は中央ドイツでは山頂が森林限界よりも上にある唯一の山であるため、樹木は小型のトウヒ属のみであり、植生のほとんどは矮性低木やヒースである。1890年開園のブロッケンガルテン英語版(Brocken Garden)内に生育している植物は国定公園の職員によって管理されており、一般の来園者は通常のガイドツアーでの鑑賞のみとなっている。同園では、ブロッケン山の植物のみならず他の地域・国の高山植物も生育されている。

出典編集

  1. ^ 『世界で一番美しい山岳鉄道』エクスナレッジ、2015年、58頁。ISBN 978-4-7678-2045-3
  2. ^ www.harzlife.de accessed on 13 July 2010.
  3. ^ Friedhart Knolle, Béatrice Oesterreich, Rainer Schulz und Volker Wrede: Der Harz. Geologische Exkursionen. Perthes-Exkursionsführer, Justus Perthes Verlag Gotha, Gotha 1997
  4. ^ DWD – Klimadaten Mittelwerte accessed on 8 October 2010
  5. ^ 110 Jahre Wetterbeobachtungen auf dem Brocken[リンク切れ] accessed on 8 October 2010
  6. ^ DWD Weltrekorde - Nebel accessed on 8 October 2010
  7. ^ http://www.harz-seite.de/klima.htm