メインメニューを開く

ブロブ/宇宙からの不明物体

ブロブ/宇宙からの不明物体』(原題: The Blob)は、1988年アメリカ映画。アメリカの田舎町、アーバーヴィルにやってきた粘液状の生命体・ブロブと人間の戦いを描く。1958年の映画『マックイーンの絶対の危機』のリメイク。

ブロブ/宇宙からの不明物体
The Blob
監督 チャック・ラッセル
脚本 チャック・ラッセル
フランク・ダラボン
製作 ジャック・H・ハリス
エリオット・カストナー
製作総指揮 アンドレ・ブレイ
音楽 ミヒャエル・ヘーニッヒ
撮影 マーク・アーウィン
編集 Terry Stokes
Tod Feuerman
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年8月5日
日本の旗 1989年1月21日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $8,247,943[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ある夕方、火の玉が森に墜落するのを見た町の名物男、缶男は好奇心からその現場に向かうが、クレーターの底に動く粘液状の塊が腕に取りついてしまう。そこへデート中のメグとポールの車が通りあわせ、2人は彼を病院へ運ぶが、その物体はいつしか缶男を食べつくし、ポールに襲いかかる。それを目撃したメグは一部始終を病院に駆けつけたハーブ保安官に話すが、彼は町の不良少年ブライアンの悪戯だと思っていた。その間にも町に出た物体は次々に人々を飲み込んでゆき、巨大化していった。ブライアンはメグから事の次第を聞かされるが相手にしないでいたところ、彼の親友で食堂のウェイトレス、フランが物体に襲われるのを目の当たりにして、それと戦う決心を固める。
やがてその物体の正体が、政府の科学調査団と称する科学者メドウス博士の行なった細菌実験の産物であることを知ったブライアンとメグは、町をすっかり飲み込んでしまう勢いの物体を、人工雪製造機で凍らせようと一計を策し、そしてそれはタンクの爆発による氷の雲の結晶体の落下で成功をみる。
ところが町のミーカー牧師は怪物の結晶体をビンの中に入れて持ち歩きながらこの世の終わりを予言する。

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ The Blob - Box Office Mojo(英語)

外部リンク編集