ブロンプトン墓地

ブロンプトン墓地(Brompton Cemetery)は、ロンドンケンジントン・アンド・チェルシー区ウェスト・ブロンプトン英語版にある墓。Magnificent Seven cemeteriesの1つである。1839年に設立され、West of London and Westminster Cemeteryとして1840年に開設された。簡易なものから豪華なものまで35,000もの碑がある。元々は民間により設立されたものであったが現在は王室が保有している[2]

ブロンプトン墓地
United Kingdom - England - London - Brompton Cemetery.jpg
詳細
開園 1839
所在地
イングランド
座標 北緯51度29分06秒 西経0度11分27秒 / 北緯51.4849度 西経0.1908度 / 51.4849; -0.1908座標: 北緯51度29分06秒 西経0度11分27秒 / 北緯51.4849度 西経0.1908度 / 51.4849; -0.1908
種別 Public
運営者 Crown propertyRoyal Parks of Londonにより管理)
総面積 16ヘクタール (40エーカー)
建墓数 35,000+
埋葬数 205,000
ウェブサイト 公式ウェブサイト
指定建築物 – 等級 I
登録名: Brompton Cemetery
登録日1987年10月1日
登録コード1000248[1]
登録名: Brompton Cemetery
登録日1987年10月1日
登録コード1000248[1]
テンプレートを表示

場所編集

 
Charles Boothの1889の地図。ブロンプトン墓地の詳細が示されている

ウェスト・ブロンプトン駅と隣接している。

著名な埋葬者編集

また、日本人では浅野長勲の息子である浅野長道(あさの ながより)の墓石がある[3]

ビアトリクス・ポターとの関係編集

 
Nutkinsの墓

ビアトリクス・ポターは、近くのOld Brompton Roadに住んでおり、ブロンプトン墓地周辺を散歩しており、墓地にある墓石から登場人物の名前を取った可能性がある。例えば、Mr Nutkins, Mr McGregor, Mr Brock, Mr Tod, Jeremiah FisherやPeter Rabbettまでもである。しかしながらこれら全ての名前の墓石があったかどうかは定かではない[4][5][6]

映画編集

数多くの映画に登場している。例えばSherlock Holmes (2009),[7]、『007 ゴールデンアイ』におけるロシアの教会の外観[8]、『アレックス・ライダー[9]、『ジョニー・イングリッシュ[8]、『鳩の翼[9]、『イースタン・プロミス[10]、『ジェントルメン[11]などである。

ギャラリー編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b Historic England, "Brompton Cemetery (1000248)", National Heritage List for England (英語), 2016年2月10日閲覧
  2. ^ Brompton Cemetery”. The Royal Parks. 2020年4月21日閲覧。
  3. ^ royalparks.org.uk
  4. ^ Barden, Karen (2001年8月3日). “Grave inspiration to Beatrix Potter”. The Westmorland Gazette (Newsquest (North West) Ltd). http://www.thewestmorlandgazette.co.uk/archive/2001/08/03/The+Lake+District+Archive/6936235.Grave_inspiration_to_Beatrix__Potter/ 2013年5月26日閲覧。 
  5. ^ Baker, Erin (2001年7月28日). “Beatrix Potter's cast list found on headstones”. The Telegraph (London: Telegraph Media Group Limited). https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/1335598/Beatrix-Potters-cast-list-found-on-headstones.html 2013年5月25日閲覧。 
  6. ^ Mason, M. (2013). Walk the Lines: The London Underground, Overground. London: Arrow Books. p. 174 978-0-099-55793-7
  7. ^ Brompton Cemetery: Sherlock Holmes (2009)”. 2020年5月10日閲覧。
  8. ^ a b Smith, Oliver (2017年10月4日). “The London filming locations you might not have known about” (英語). The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/travel/destinations/europe/united-kingdom/england/london/articles/london-filming-locations/ 2018年6月25日閲覧。 
  9. ^ a b Brompton Cemetery in film” (英語). The Royal Parks. 2020年4月21日閲覧。
  10. ^ Eastern Promises (2007) – Filming & Production”. IMDB. 2020年9月12日閲覧。
  11. ^ 'The Gentlemen' Shooting Location Details”. The Cinemaholic (2020年1月22日). 2020年9月5日閲覧。

関連文献編集

  • Culbertson, Judi; Randall, Tom (1991). Permanent Londoners: An Illustrated Guide to the Cemeteries of London. Post Mills, Vermont: Chelsea Green Publishing Company.
  • Suchcitz, Andrzej (1992) (ポーランド語). Non omnis moriar: Polacy na londyńskim cmentarzu Brompton. Poland: Oficyna Wydawnicza Audiutor. ISBN 978-8-3900-0859-2  Digitized by the University of Michigan, 12 Oct 2007.
  • Meller, Hugh; Parsons, Brian (2008). London Cemeteries: an illustrated guide and gazetteer, The History Press. 978-0-7509-4622-3
  • Beach, Darren (2008). London's Cemeteries. Metro Guides. 1-902910-23-0

外部リンク編集