メインメニューを開く

ブロードウェイと銃弾 (ミュージカル)

ブロードウェイと銃弾(ブロードウェイとじゅうだん、原題: Bullets Over Broadway the Musical )は、ウディ・アレンダグラス・マクグラスによる映画『ブロードウェイと銃弾』を基にしたミュージカルである。アレンによる脚本である。若い脚本家がギャングからの借金で初めてブロードウェイで作品を上演することから始まる物語である。音楽は第二次世界大戦の頃から1930年頃までの様々な作曲家によるジャズスタンダード・ナンバートラディショナル・ポップ・ミュージックを使用している。2014年にブロードウェイのセント・ジェイムズ・シアターで開幕し、100回以上公演して2014年8月24日に閉幕した[1]

ブロードウェイと銃弾
Bullets Over Broadway the Musical
作曲 複数
作詞 複数
脚本 ウディ・アレン
原作 ブロードウェイと銃弾
by ウディ・アレン
ダグラス・マクグラス
上演 2014年、ブロードウェイ
2015年、全米ツアー公演
2018年、日本
ウェブサイト http://bulletsoverbroadway.com
テンプレートを表示

プロダクション編集

ブロードウェイのセント・ジェームズ・シアターにて2014年3月11日にプレビュー公演が開幕し、4月10日に正式に開幕した。スーザン・ストローマンが演出と振付を担当し、ヘレン・シンクレア役にマリン・メイジー、デイヴィッド・シェーン役にザック・ブラフ、チーチ役にニック・コーデロ、イーデン・ブレント役にカレン・ジンバ、ニック・ヴァレンティ役にヴィンセント・パストーレ、ワーナー・パーセル役にブルックス・アシュマンスカが配役された。サント・ロカストが装置デザイン、ウィリアム・アイヴィ・ロングが衣装、ドナルド・ホルダーが照明、ピーター・ハイレンスキが音響、グレン・ケリーが音楽監督、ダグ・ベスターマンが編曲を担当した[2]

第二次世界大戦から1930年代のジャズやポピュラーのスタンダードの音楽を使用し、グレン・ケリーが歌詞を追加した[3]

2014年8月24日、33回プレビュー、156回本公演の後閉幕した[4]

2015年10月6日から18日のオハイオ州クリーブランドにあるプレイハウス・スクエアからツアー公演が開始した[5]。このツアー公演の演出はジェフ・ホワイティングが担当した[6]

背景編集

1994年のウディ・アレンとダグラス・マクグラスの脚本による映画『ブロードウェイと銃弾』を基にしている[7]。2000年からマーヴィン・ハムリッシュとクレイグ・カーネリアが作曲、アレンが脚本を担当して製作が始まった。2003年現在、ハムリッシュは製作進行中であった[8]

2014年4月の開幕日のインタビューによると、当初ミュージカル化に興味はなかったが、彼の姉妹のレティ・アロンソンがこの作品はミュージカルに最適だと助言し、以降数年間ずっとこの舞台化にたずさわった。当初ハムリッシュは新曲を数曲用意したが、アレンはこの作品に合わないと考えた。アロンソンは1920年代の曲を使用したらどうかと提案し、アレンは突然第二次世界大戦から1930年代の曲を使用することをひらめいた。2年間かけてストローマンは製作を行なった[9]

日本版編集

2018年2月7日から2月28日まで日生劇場、3月5日から3月20日まで梅田芸術劇場メインホール、3月24日から4月1日まで博多座で上演。演出は福田雄一、デビッド役を浦井健治、チーチ役を城田優が演じた。

スタッフ編集

あらすじ編集

1929年、脚本家のデイヴィッド・シェーンは『God of Our Fathers 』でようやくブロードウェイで自作が上演されることとなる。プロデューサーのジュリアン・マークスは裕福なギャングのニック・ヴァレンティに出資を求める。ヴァレンティは頭が弱く才能のない愛人オリーヴ・ニールを主演にすることを条件にする。ヴァレンティはギャングのチーチをオリーヴの監視役に任命する。驚くことにチーチに脚本を向上させるアイデアが浮かぶ。真の主演女優で年配のヘレン・シンクレアは年若のデイヴィッドに恋をするが、デイヴィッドには恋人エレンがいる。一方主演男優ワーナー・パーセルはオリーヴに目をつける。

使用楽曲編集

主な登場人物およびオリジナル・キャスト編集

役名 映画 ブロードウェイ 全米ツアー 日本初演
デイヴィッド・シェーン ジョン・キューザック ザック・ブラフ マイケル・ウイリアムズ 浦井健治
ヘレン・シンクレア ダイアン・ウィースト マリン・メイジー エマ・ストラトン 前田美波里
ワーナー・パース ll ジム・ブロードベント ブルックス・アシュマンスカ ブランドリー・アラン・ザー 鈴木壮麻
ニック・ヴァレンティ ジョー・ヴィテレリ ヴィンセント・パストーレ マイケル・コヴィノ ブラザートム
ジュリアン・マークス ジャック・ウォーデン レニー・ウォルプ リック・グロスマン 加治将樹
チーチ チャズ・パルミンテリ ニック・コーデロ ジェフリー・ブルックス 城田優
エレン メアリー=ルイーズ・パーカー ベッツィ・ウォルフ ハンナ・ローズ・デフルメリ 愛加あゆ
オリーヴ・ニール ジェニファー・ティリー ヘレン・ヨーク ジェマ・ジェーン 平野綾
イーデン・ブレント トレイシー・ウルマン カレン・ジンバ レイチェル・バーラー 保坂知寿

批評編集

『ステージグレード』によると、「楽しく美しいミュージカル」との称賛と「魅力がない」との批判の賛否両論であった。批判の大半はオリジナルの曲ではなく既存の曲を使用したことにあった。「今年最も評価の分かれた作品」とされた[11]

ニューヨーク・タイムズ』紙のベン・ブラントリーは「時々面白いが大半はうるさいだけ」と記した[12]。『USAトゥデイ』紙のエリザ・ガードナーは「ウィットに富んで活気がある」とし、「今年の舞台の中でも不謹慎な面白さ」と記した[13]

『ガーディアン』のアレクシス・スロスキは特に頭の鈍いワーナー役のアシュマンスカスと派手なオリーヴ役のヨーク、男性アンサンブルのタップダンスなど、ストロマンの振付を通して物語が語られる、と称賛した[14]

受賞歴編集

2014年のトニー賞において、アレンにミュージカル脚本賞、コーデロにミュージカル助演男優賞、ロカストにミュージカル装置デザイン賞、ロングにミュージカル衣装デザイン賞、ストロマンに振付賞、ベスターマンに編曲賞の6部門でノミネートされた[15][16]

2014年のドラマ・デスク・アワードでコーデロに助演男優賞、ストロマンに演出賞および振付賞、ロカストに装置デザイン賞、ロングに衣装デザイン賞、ヒランスキに音響デザイン賞の6部門でノミネートされた[17]。ロングが衣装デザイン賞を受賞した[18]

外国批評家サークル賞で4部門にノミネートされ、ロングが衣装デザイン賞、コーデロがミュージカル助演男優賞、メイジーがミュージカル助演女優賞を受賞した[19]

脚注編集

  1. ^ Bullets Over Broadway website
  2. ^ com/news/article/186325-Woody-Allen-Musical-Bullets-Over-Broadway-With-Zach-Braff-and-Marin-Mazzie-Begins-March-11 "Woody Allen Musical Bullets Over Broadway, With Zach Braff and Marin Mazzie, Begins March 11" playbill.com, March 11, 2014
  3. ^ Gordon, David. "Reviews. Bullets Over Broadway ", theatermania.com, April 10, 2014
  4. ^ Gans, Andrew and Hetrick, Adam. "Curtain Comes Down on Woody Allen Musical Bullets Over Broadway " Archived 2014年8月26日, at the Wayback Machine. playbill.com, August 24, 2014
  5. ^ Bullets Over Broadway Archived 2015年4月2日, at the Wayback Machine. broadway.playhousesquare.org
  6. ^ Gans, Andrew. "Stops Announced for 'Bullets Over Broadway' Tour" playbill.com, April 1, 2015
  7. ^ The backstage dramas behind Woody Allen's Bullets Over Broadway musical”. theguardian.com. The Guardian (2014年4月6日). 2014年4月30日閲覧。
  8. ^ Simonson, Robert. Work Continues of Musical Version of Bullets Over Broadway " Archived 2013年12月24日, at the Wayback Machine., playbill.com, July 17, 2003
  9. ^ Haun, Harry. "Playbill On Opening Night: Bullets Over Broadway – Guys and Dorks" Archived 2014年5月2日, at the Wayback Machine., playbill.com, April 11, 2014
  10. ^ a b Bullets Over Broadway Playbill Opening Night at St. James Theatre”. playbillvault.com. Playbill Vault. 2014年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月30日閲覧。
  11. ^ Chaffa, M. "Critical Snapshot" Archived 2014年5月2日, at the Wayback Machine., stagegrade.com, accessed May 2, 2014
  12. ^ Brantley, Ben. "Woody Allen Transforms His 'Bullets Over Broadway'", The New York Times, April 10, 2014
  13. ^ Gardner, Elysa. " 'Bullets Over Broadway' a sheer, shameless good time", USA Today, April 10, 2014
  14. ^ Woody Allen musical opens with a bang”. theguardian.com. The Guardian (2014年4月11日). 2014年5月2日閲覧。
  15. ^ Tony Awards 2014: 'Bullets over Broadway' has lackluster showing”. latimes.com. Los Angeles Times (2014年4月29日). 2014年4月30日閲覧。
  16. ^ Gans, Andrew. 68th Annual Tony Awards Nominations Announced; Gentleman's Guide Leads the Pack", playbill.com, April 29, 2014
  17. ^ Gans, Andrew. "2014 Annual Drama Desk Awards Nominations Announced; 'Gentleman's Guide' Earns 12 Nominations", playbill.com, April 25, 2014
  18. ^ Gans, Andrew. "Winners of 59th Annual Drama Desk Awards Announced; 'Gentleman's Guide' and 'All the Way' Win Top Prizes" Archived 2014年6月6日, at the Wayback Machine. playbill.com, June 1, 2014
  19. ^ Gans, Andrew."64th Annual Outer Critics Circle Award Winners Announced; 'Gentleman's Guide' Wins Four Awards" Archived 2014年5月12日, at the Wayback Machine. playbill.com, May 12, 2014

外部リンク編集