メインメニューを開く

ブローニュの森

フランスのパリにある森林公園
地図
ブローニュの森

ブローニュの森(ブローニュのもり、Bois de Boulogne)は、フランスパリ16区にある森林公園である。

概要編集

パリ中心部から西に5kmほどの地域に位置し、面積は846万平方メートルにも及ぶ。

園内には、フランス国立民族民芸博物館、フォンダシオン・ルイ・ヴィトンアクリマタシオン庭園の子供遊園地、バカテル庭園、シェイクスピア庭園、オートゥイユ庭園のほか、有名なパリロンシャン競馬場スタッド・ローラン・ギャロス全仏オープンが開催されるテニス場)がある。バガテル庭園は24haもの広大なフランス幾何学式庭園で、バガテル・バラ園には約1万本のバラが植えられている。静岡県の河津バガテル公園は姉妹園である。

また、園内には、フランス政府より芸術文化勲章(コマンドール)を受賞した水井康雄馬首像・アミラルブロンズ像}が1963年より設置されている[1]

パリ市民の身近な憩いの場として、週末を中心に散歩やジョギング・サイクリング等のスポーツを楽しむ人々で賑わう。一方で、かつては男娼の聖地として有名であるなど、パリ市内の一大売春地帯であった。取り締まりが強化された現在でも、日没後になると客引きをする娼婦の姿を見かけることができ、治安は必ずしも良いとは言えない。

歴史編集

 
サン=ジャム池 (Mare Saint-James)

この森は貴族の狩場などとして使われていたが、14〜15世紀の百年戦争の期間は、焼き討ちや強盗によって森は荒廃していた。ルイ11世の時代に、再度の植林や道路の開通といった整備がなされた。フランソワ1世がこの森にマドリッド城 (Château de Madrid [2]) を建設してから、ブローニュの森は祭りなどに用いられるようになった。

19世紀中頃の第二帝政期、ナポレオン3世ミズナラの茂っていたブローニュの森に、より多種多様な植物を栽培し、乗馬コース、自転車道路、パリロンシャン競馬場、滝で結ばれた2つの人工池等を整備した。

また、森西南側にあるパリロンシャン競馬場と森西北側にあるバガテル庭園とに挟まれた場所に、ロンシャン城 (Château de Longchamp) がある。1856年に生まれたナポレオン4世がブローニュの森での散策を楽しみ、母ウジェニー皇后が、バガテル城を所有する第4代ハートフォード侯爵リチャード・シーモア=コンウェイ (fr) によりバガテル城をリゾート別荘あるいはパヴィヨンヴィラ (ないしフォリ, Folie[3])として利用した。そのため、"パリ改造"で知られるジョルジュ・オスマン男爵により、御用建築家ガブリエル・ダヴィウ (fr) の下で新城ロンシャン城が建設された。その後、城建物の建て替えが決定され、1934年から取り壊され、戦後の1940年代に新建物が建てられた。

1929年、ブローニュの森は公式にパリ市に編入された。

その他編集

ギャラリー編集

  画像をクリックして拡大

脚注編集

  1. ^ 水井康雄『50ans de Sculpture/彫刻に50年』、12頁、自費出版、2003年
  2. ^ シャトー・マドリッド。現在のヌイイ=シュル=セーヌ近辺側にあったが、1526年完成後フランス革命期の1790年代に取り壊された。
  3. ^ a b 但し、居住用ではない「フォリー」とは異なる
  4. ^ ディネ・アン・ブラン 東京

関連項目編集