メインメニューを開く

ブローン・アパート』(原題: Incendiary)は、2008年イギリス映画クリス・クリーヴの小説『息子を奪ったあなたへ』を原作にしている[1]

ブローン・アパート
Incendiary
監督 シャロン・マグアイア
脚本 シャロン・マグアイア
原作 クリス・クリーヴ
『息子を奪ったあなたへ』
製作 アンディ・パターソン
アナンド・タッカー
エイドリアン・マグワイア
製作総指揮 サイモン・フォーセット
テッサ・ロス
フィリップ・アードーズ
ダリア・ジョヴィチッチ
出演者 ミシェル・ウィリアムズ
ユアン・マクレガー
マシュー・マクファディン
音楽 梅林茂
バーリントン・フェロング
撮影 ベン・デイヴィス
編集 ヴァレリオ・ボネッリ
配給 日本の旗リベロ
日活
公開 イギリスの旗 2008年10月24日
日本の旗 2011年1月29日
上映時間 100分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

ロンドンイーストエンドに住むある若い母親。警察の爆弾処理班の夫レニーとの関係が冷え切っている彼女にとって、幼い息子だけが心の支えだった。

そんなある日、爆弾処理へ向かったレニーの身を案じる彼女はその孤独に耐えられなくなり、パブで出会った新聞記者のジャスパーと一晩関係を持ってしまう。彼女は後悔するが、レニーと息子がサッカー観戦にスタジアムへ向かった日、彼女とジャスパーは偶然再会する。彼の押しに負けて彼女はジャスパーを自宅に招き入れ、再びセックスをしてしまう。

しかしその最中、つけていたテレビがレニーと息子が向かったスタジアムで大規模な自爆テロが起きたことを知らせる。急いで現場に向かう二人だったが、夫と息子を失ったことを知った彼女は、大きな罪悪感に襲われ全てに絶望する。一方ジャスパーは、スタジアムのテロについて、真相を明らかにしようと躍起になる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

出典編集

  1. ^ All fired up, an interview with director Sharon Maguire from eyeforfilm.co.uk

外部リンク編集