ブンニャン・ウォーラチット

ラオス人民革命党中央委員会書記長

ブンニャン・ウォーラチットラーオ語: ບຸນຍັງ ວໍລະຈິດ / Bounnyang Vorachit, 1937年8月15日 - )は、ラオス政治家。第6代国家主席、第4代首相、第4代国家副主席、ラオス人民革命党中央委員会書記長(最高指導者の役職)を歴任。

ブンニャン・ウォーラチット
ບຸນຍັງ ວໍລະຈິດ
Bounnyang Vorachit
Bounnhang Vorachit.JPG

Flag of the Lao People's Revolutionary Party.svg ラオス人民革命党
第3代 中央委員会書記長
任期 2016年1月22日2021年1月15日

任期 2016年4月20日2021年3月22日
副主席 パンカム・ウィパーワン

ラオスの旗 ラオス人民民主共和国
第4代 国家副主席
任期 2006年6月8日2016年4月20日
元首 チュンマリー・サイニャソーン

任期 2001年3月27日2006年6月8日
元首 カムタイ・シーパンドーン

出生 (1937-08-15) 1937年8月15日(84歳)
サワンナケート県タパントーン郡
政党 ラオス人民革命党
出身校 ハノイ大学
ホー・チ・ミン国家政治学院

経歴編集

南部のサワンナケート県タパントーン郡に生まれる。1952年から革命運動に参加し、左派軍事勢力パテート・ラーオに入隊。1975年12月2日ラオス人民民主共和国が建国されると、ブンニャンは国軍となったラオス人民軍(建国当初はラオス人民解放軍)で勤務し、その後、大佐まで昇進する。

ベトナムに留学してハノイ大学経済学の学位を習得し、さらにホー・チ・ミン国家政治学院を卒業したブンニャンは、帰国後、政界に転進する。1982年4月、第3回党大会で党中央委員に選出され、同年、故郷のサワンナケート県の知事に就任する。1986年11月の第4回党大会では中央委員に再選され、党内序列第15位まで昇進。1991年3月の第5回党大会でも中央委員に再選され、序列第14位となった。1993年ヴィエンチャン特別市市長に就任。

政治局員編集

1992年に党議長となったカムタイ・シーパンドーンは自身の基盤である軍部を重用し、軍出身者を中心に党政治局を形成していった。ブンニャンは大佐止まりであったが、1996年3月の第6回党大会で党政治局員に昇格し、序列第7位となる。同年、副首相に就任。1999年からは財務大臣を兼任し、通貨安やインフレーションの収拾に貢献して実績を挙げた[1]

2001年3月の第7回党大会で政治局員に再選され、党内序列第6位に進んだブンニャンは、3月27日首相に就任した。ブンニャンの首相在任中、ラオスは企業活動、宗教、移動の自由など、いくばくかの制度の自由化が進んだ[2]

2006年3月の第8回党大会では世代交代が図られ、革命第一世代のカムタイ・シーパンドーンが党議長を退任し、後任の最高指導者として第二世代のチュンマリー・サイニャソーンが党書記長に就任した。ブンニャンは政治局員に再選されて序列第4位に位置づけられたものの、同年6月8日国民議会第6期第1回会議で首相を第三世代のブアソーン・ブッパーヴァンに譲り、国家副主席に転任した。

書記局員編集

2011年3月の第9回党大会で政治局員に再選、書記局常任に選出され[3]、序列第3位となる。同年6月15日の国民議会第7期第1回会議で国家副主席に再選された[4]

党書記長編集

2016年1月の第10回党大会で政治局序列1位、書記局序列1位となり党書記長(最高指導者の役職)に就任した[5]チュンマリーから最高指導者の地位を継承した。同年4月20日、第8期国民議会第1回会議においてチュンマリーの後任として、国家主席に選出された[6][7]

2021年1月の第11回党大会では党書記長職を、同年3月22日の第9期国民議会初回会合では国家主席の座をトーンルン・シースリット首相に譲った[8][9]

脚注編集

  1. ^ 山田(2002年)、142ページ。
  2. ^ ヴォーラペット(2010年)、166ページ。
  3. ^ “Ninth Congress announces new Party leaders, adopts resolution” (English) (プレスリリース), Vientiane Times, (2011年3月23日), http://www.vientianetimes.org.la/VTT_PartyPages1/9thPartyCongress.htm 2011年6月19日閲覧, "Mr Bounnhang Vorachit was elected as Standing Member of the Party Secretariat Committee." 
  4. ^ “The new state leadership structure was approved on June 15, the first day of the inaugural session of the National Assembly (Seventh Legislature).” (English) (PDF) (プレスリリース), Vientiane Times, (2011年6月16日), http://www.vientianetimes.org.la/Access/New_stateleadership.pdf 2011年6月19日閲覧。 
  5. ^ “ທ່ານບຸນຍັງ ວໍລະຈິດ ໄດ້ຮັບເລືອກຕັ້ງເປັນເລຂາທິການໃຫຍ່ຄະນະບໍລິຫານງານສູນກາງພັກປະຊາຊົນປະຕິວັດລາວ”. (2016年1月22日). http://laos.cri.cn/681/2016/01/22/222s199804.htm 2016年1月23日閲覧。 
  6. ^ SomxaySengdara (2016年4月21日). “New leaders take up their posts”. Vientiane Times. http://www.vientianetimes.org.la/FreeContent/FreeConten_New90.htm 2016年4月21日閲覧。 
  7. ^ ラオス大統領にブンニャン氏 トンルン氏が首相」 『朝日新聞』 2016年4月20日
  8. ^ “ラオス人民革命党、トンルン首相を新書記長に選出”. ロイター. (2021年1月15日). https://jp.reuters.com/article/laos-politics-idJPKBN29K150?il=0 2021年1月16日閲覧。 
  9. ^ 菅総理大臣発トンルン・ラオス人民民主共和国国家主席及びパンカム同首相宛祝辞の発出”. 日本国外務省 (2021年3月22日). 2021年3月23日閲覧。

参考文献編集

先代:
チュンマリー・サイニャソーン
ラオス人民革命党中央委員会書記長
2016年 - 2021年
次代:
トーンルン・シースリット
先代:
チュンマリー・サイニャソーン
ラオス人民民主共和国主席
2016年 - 2021年
次代:
トーンルン・シースリット
先代:
チュンマリー・サイニャソーン
ラオス人民民主共和国副主席
2006年 - 2016年
次代:
パンカム・ウィパーワン
先代:
シーサワット・ケーオブンパン
ラオス人民民主共和国首相
2001年 - 2006年
次代:
ブアソーン・ブッパーヴァン