ブン・ウム・ナ・チャンパーサック(Boun Oum Na Champassak, 1911年12月2日[1][2] - 1980年3月17日)は、ラオスの王族、政治家。旧チャンパーサック王家の末裔で、ラオス内戦期における親米右派勢力の代表格。ラオス王国首相を2度務めた。殿下 (Sadet Chao) の称号を持つ。

ラオスの政治家
ブン・ウム・ナ・チャンパーサック
Boun Oum Na Champassak
Boun Oum 1971.jpg
生年月日 1911年12月2日
出生地 フランス領インドシナチャンパーサック
没年月日 1980年3月17日
死没地 フランス、ブローニュ=ビヤンクール
所属政党 右派
親族 ブン・オム・ナ・チャンパーサック(弟)
シスーク・ナ・チャンパーサック(甥)

在任期間 1960年12月12日 - 1962年6月23日
ラオス国王 サワーンワッタナー

在任期間 1948年3月25日 - 1950年2月2日
ラオス国王 シーサワーンウォン
テンプレートを表示

経歴編集

1911年、フランス支配下のチャンパーサックにおいて、最後のチャンパーサック王ブア・ルパアン・ラーチャナダイ殿下の第3王子として生まれる。教育はサイゴンで受け、やがてラオスで行政官吏を務める。

日本占領下の1945年、抗日運動に参加。同年11月、ラーチャナダイの死去によりチャンパーサック家の当主となる。

日本の降伏後、フランスに抵抗するラーオ・イサラ(自由ラオス)勢力と、フランスに協力的な国王派に分裂していたが、ブン・ウムはラオス南部においてフランスの復帰を支援した[3]。しかし、1946年8月27日のラオス=フランス協定(ラオス統治暫定協定)により、ルアンパバーン王を君主とする「ラオス王国」の建設が認められると、ブン・ウムはチャンパーサック王位の継承権を放棄させられた。その代わりとして、ラオス王国の終身王国総監の地位が与えられる[4]

1947年、国王評議会議長に就任。1948年3月25日、首相に就任した[5][6]。1949年7月のフランス=ラオス協定によりフランス連合内でのラオスの独立が認められ、恩赦により元ラーオ・イサラのメンバーが帰国すると、1950年2月2日、国民統合という大義名分のために退陣した[7][5][8]

1959年12月末、軍部右派のプーミ・ノサワン将軍が軍事クーデターを起こし、プーイ・サナニコン政府を辞職に追いやると、ブン・ウムはこれに反発する。結果として軍部独裁を阻止し、1960年1月のコウ・アバイ暫定政府の樹立を助けた[9][10]

右派による擁立編集

しかし、同年8月9日に中立派のコン・レー大尉がクーデターで右派ソムサニット政権を倒し、中立派スワンナ・プーマ政権を成立させると、ブン・ウムはノサワン将軍に擁立される。9月10日に「反クーデター委員会」(後に「革命委員会」)をサワンナケートに組織し[11][12]、プーマ政権に対抗する。

同年11月、ノサワン軍が中立派政府軍に対して攻撃を開始し、首都ヴィエンチャンに迫ると、12月9日にプーマ首相はプノンペンに亡命。12月12日、ブン・ウムは国王により再び首相に任命され、同政権は西側諸国により承認された[5]。12月16日、右派軍はヴィエンチャンを奪取し、翌1961年1月4日に王国議会が招集され、ブン・ウム政府が正式に承認された[13][14]。しかし、プーマが首相辞任を拒否し、2月にジャール平原のカンカーイでコン・レー軍と合流して抵抗したため、内戦は継続した。

三派和平交渉編集

 
ブン・ウムの未完の屋敷(チャンパーサック

1961年5月に右派・中立派・左派の3派間で停戦が合意されると、以降ブン・ウムは右派の代表として中立派のプーマと左派のスパーヌウォンとともに「三殿下会談」を重ねる。1962年1月、ジュネーヴ会談において基本的な合意に達し、同年6月のジャール平原会談で三派連合政権に関する協定を結ぶ。そして6月23日、国王に内閣の辞表を提出し、首相を正式に辞任した[15][16][17]。同日、プーマを首班とする第2次連合政府が成立するが、ブン・ウムは入閣せず、政界から引退した[18]

亡命編集

1974年、左派パテート・ラーオの勢力拡大により、ラオスを出国する。その後1年間はタイに在住した。王政が廃止され人民共和国が樹立される直前の1975年9月4日、欠席裁判により死刑宣告を受ける。

1976年フランスパリに移住。1980年3月17日、パリ郊外のブローニュ=ビヤンクールの病院で死去した[19]

家族編集

6人の男子と3人の女子をもうけた。1980年にブン・ウムが亡くなると、長男の Keo Champhonesak na Champassak がチャンパーサック家の当主を継いだ[20]

脚注編集

  1. ^ 山田「第4節 用語」
  2. ^ 生年月日を11月11日とする記述もある。http://www.royalark.net/Laos/champasa2.htm
  3. ^ スチュアート-フォックス(2010年)、97ページ。
  4. ^ 上東(1990年)、105ページ
  5. ^ a b c 山田「第3節 関連資料」
  6. ^ 就任日を「1949年3月21日」とする記述もある。山田「第4節 用語」
  7. ^ スチュアート-フォックス(2010年)、119ページ。
  8. ^ 退任日を「2月28日」とする記述もある。山田「第4節 用語」
  9. ^ スチュアート-フォックス(2010年)、170ページ。
  10. ^ 木村(2007年)、81ページ。
  11. ^ 青山(1995年)、117-118ページ。
  12. ^ 水本(2009年)、48-49ページ。
  13. ^ 山田「第1節 ラオス内戦史年表」
  14. ^ 水本はビエンチャン奪取を「1961年1月17日」とし、その後で信任されたと記している。水本(2009年)、51ページ。
  15. ^ 山田「第1節 ラオス内戦史年表」
  16. ^ 木村(2007年)、106ページ
  17. ^ スチュアート-フォックスは辞任日を「1962年8月」としている。スチュアート-フォックス(2010年)、189ページ。
  18. ^ スチュアート-フォックス(2010年)、189ページ。
  19. ^ 「ブンウム殿下(ラオス元右翼政権首相)、仏で死去」『朝日新聞』1980年3月22日夕刊
  20. ^ http://www.royalark.net/Laos/champasa2.htm

参考文献編集

外部リンク編集


先代:
スワンナ・プーマ
ラオス王国首相
1960年 - 1962年
次代:
スワンナ・プーマ
先代:
スワンナラート英語版
ラオス王国首相
1948年 - 1950年
次代:
プイ・サナニコーン英語版