プジョー・パートナー

パートナーPartner )は、プジョーが販売する貨物自動車である。

プジョー・パートナー
Peugeot Partner Mk3 IMG 2542.jpg
3代目
概要
販売期間 1996年-
ボディ
駆動方式 前輪駆動
系譜
先代 プジョー・205F
後継 プジョー・リフター(乗用版)
テンプレートを表示

初代(1996年-2009年)編集

プジョー・パートナー(初代)
 
概要
販売期間 1996年 - 2009年(生産終了)
車両寸法
ホイールベース 2,693 mm
全長 4,137 mm
全幅 1,724 mm
全高 1,810 mm
車両重量 1,263-1,344 kg
テンプレートを表示

2代目(2008年-2018年)編集

プジョー・パートナー(2代目)
 
概要
販売期間 2008年 - 2018年(生産終了)
車両寸法
ホイールベース 2,728 mm
全長 4,380 mm
全幅 1,810 mm
全高 1,803 mm
車両重量 1,472-1,504 kg
その他
姉妹車 シトロエン・ベルランゴ
テンプレートを表示

2代目パートナーは、2008年に販売開始[1]。乗用版はパートナーティピー(Partner Tepee )と呼ばれる[2]

2017年3月ジュネーヴモーターショーにてパートナーティピーの電気自動車版である「パートナー ティピー エレクトリック」を初公開。航続距離は170kmで同年9月に欧州で販売予定[3]

3代目(2018年-)編集

プジョー・パートナー(3代目)
 
概要
販売期間 2018年 -
車両寸法
ホイールベース 2,785−2,975 mm
全長 4,403−4,753 mm
全幅 1,848 mm
全高 1,796-1,860 mm
車両重量 1,301−1,471 kg
その他
姉妹車 プジョー・リフター
シトロエン・ベルランゴ
オペル/ボクスホール・コンボ
トヨタ・プロエースシティ
テンプレートを表示

2018年6月26日発表[1]。3代目パートナーはパネルバンである。ダブルキャビン版も設定されている。乗用版はプジョー・リフターとして販売されている[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b プジョー パートナー 新型発表…「i-Cockpit」を商用車で初採用”. Response. (2018年6月27日). 2020年8月11日閲覧。
  2. ^ Coup de jeune pour le Peugeot Partner” (フランス語). Auto Plus (2015年2月26日). 2020年8月11日閲覧。
  3. ^ プジョー、日常でもレジャーでも使える新型パートナー ティピー エレクトリックを世界初公開”. MoTA (2017年3月14日). 2020年8月11日閲覧。
  4. ^ プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】”. web CG (2020年6月1日). 2020年8月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集