107プジョーが製造・販売していた自動車である。

概要編集

プジョー・107
 
前期型 フロント(3ドア)
 
前期型 リア(5ドア)
概要
販売期間 2005-2014年
ボディ
ボディタイプ 3/5ドアハッチバック
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン ガソリン:
1.0L I3
ディーゼル:
1.4L I4
変速機 5MT
サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:トーションビーム
車両寸法
ホイールベース 2,340mm
全長 3,405mm
全幅 1,615mm
全高 1,465mm
車両重量 880kg
その他
姉妹車 トヨタ・アイゴ
シトロエン・C1
系譜
先代 プジョー・106
後継 プジョー・108
テンプレートを表示

107はPSA・プジョーシトロエントヨタ自動車の合弁会社である、トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモービルによって開発された。乗車定員は4名であり全長3.5m以下の3もしくは5ドアのハッチバックである。2005年夏よりヨーロッパで販売が始まった。107は2003年の終わりまで12年間製造された106の後継車であるが、サイズは106と比べ全高を除き小さくなっている。

初代シトロエン・C1(以下C1)と初代トヨタ・アイゴ(以下アイゴ)は兄弟車である。3車はチェコのコーリンにある工場で製造された。

2014年3月を以って販売終了となった。後継車種は2代目アイゴと2代目C1と兄弟関係を持つ108となる。

関連項目編集

外部リンク編集