プスセンネス3世(在職:紀元前976年? - 紀元前943年?)は古代エジプト第21王朝時代のアメンの大司祭。プスセンネスは後代の歴史家による古代ギリシャ語表記で、古代エジプト語本来の名前は「テーベに現れし星」を意味するパセバカエムニウト(Hor-Pasebakhaenniut)という。

概要編集

王族のミイラの隠し場所である縦坑(DB320)から発見された文書の中にパネジェム2世の息子として名前が記載されている。現状では第21王朝最後の王であるパセブカエムニウト2世と同一人物の可能性が高いと考えられており、3世という呼び名は別人であった場合を想定した便宜的なものに過ぎない[1]。 パネジェム2世はプスセンネス2世の即位よりも10年ほど前、サアメン王の治世15年目頃に死去しているため、大司祭の職を引き継いだパセブカエムニウトがそのまま王位継承者となったとするのはある程度の説得力を持った仮説と言える。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Peden, A J The Graffiti of Pharaonic Egypt: Scope and Roles of Informal Writings (C. 3100-332 B.C (Probleme Der Agyptologie, 17. Bd) Brill Academic Publishers 2001 p. 267

注釈編集

参考文献編集

  • ピーター・クレイトン 著、藤沢邦子 訳、吉村作治監修 編 『古代エジプト ファラオ歴代誌』創元社、1999年4月。ISBN 4422215124 
  • ジョイス・ティルディスレイ英語版 著、月森左知 訳、吉村作治監修 編 『古代エジプト女王・王妃歴代誌』創元社、2008年6月。ISBN 9784422215198 
  • エイダン・ドドソン, ディアン・ヒルトン 著、池田裕 訳 『全系図付エジプト歴代王朝史』東洋書林、2012年5月。ISBN 978-4887217980 
先代:
パネジェム2世
アメンの大司祭

前976年 - 前943年
次代:
イウプト