プズル・アッシュール3世

プズル・アッシュール3世Puzur-Ashur III、在位:前1503年-前1479年)はアッシリア。『アッシリア王名表』によれば、彼はアッシュール・ニラリ1世の息子かつ後継者であり、24年間統治した。彼はまた、アッシリアとバビロニアの相互関係を記録した年代史である『アッシリア・バビロニア関係史』に登場する最初のアッシリア王でもあり、それによれば彼はバビロンの王ブルナ・ブリアシュ1世英語版の同時代人で、アッシリアとバビロニアの国境画定の条約を結んだと言う[1][2]。僅かな数の彼の建築記念碑文がアッシュール市で発見されている。彼は首都アッシュールでイシュタル神殿の一部と、同市の南側の城壁を再建した[3]

プズル・アッシュール3世
アッシリア王
在位 前1503年-前1479年

子女 エンリル・ナツィル1世
父親 アッシュール・ニラリ1世
テンプレートを表示

出典編集

  1. ^ Who's who in the ancient Near East By Gwendolyn Leick
  2. ^ 前田ら 2000, p. 90
  3. ^ The Cambridge Ancient History edited, by I. E. S. Edwards, C. J. Gadd, N. G. L. Hammond, E. Sollberger

参考文献編集

  • 前田徹川崎康司山田雅道小野哲山田重郎鵜木元尋『歴史の現在 古代オリエント』山川出版社、2000年7月。ISBN 978-4-634-64600-1
先代:
アッシュール・ニラリ1世
アッシリア王
前1503年-前1479年
次代:
エンリル・ナツィル1世