メインメニューを開く

プチ・ル・マンPetit Le Mansフランス語で「小さなル・マン」の意味)は、アメリカ合衆国ジョージア州ブラセルトンにあるサーキットのロード・アトランタで毎年1度開催される耐久スポーツカーレースフランス西部自動車クラブ(ACO)が主催するル・マン24時間レースに準じたルールを、主に参戦するレースカーを追加するといった様な必要に応じた修正を若干加えて、本レースに適用している。

プチ・ル・マン
Road Atlanta track map.svg
開催地 ロード・アトランタ
スポンサー企業 マツダ
初開催 1998年
初開催レース 1999年
全長 1,000マイル、1,600km(1998年-2013年)
周回 394
耐久時間 1,000.76マイル
(1,610.57 km) または 10時間(1998年-2013年)
10時間(2014年-)
最多勝利
(ドライバー)
リナルド・カペロ (5回)
最多勝利
(チーム)
アウディ・スポーツ・ノースアメリカ (6回)
最多勝利
(マニファクチャー)
アウディ (9回)
2011年

目次

概要編集

 
多数の観衆たち(2008年)

ロード・アトランタのオーナーのドン・パノスによってプチ・ル・マンは創設され、IMSAのGT選手権の一環として1998年の10月に第1回のレースが開催された。翌1999年には、アメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)のシリーズ・レースのひとつとなった。2010年2011年のレースではインターコンチネンタル・ル・マン・カップの選手権レースも兼ねていたが、2012年のレースでは、その年に新しくスタートしたFIA 世界耐久選手権の開催スケジュールから外れ、替わりにバーレーンが選ばれていた。その開催カレンダーが公表された後、多くの論争を引き起こした。2014年には、ALMSに替わってその年にスタートしたユナイテッド・スポーツカー選手権のシリーズ・レースのひとつとなった。

1998年から2013年までは、プチ・ル・マンは1,000マイル(1,600km)の走行距離の上限(おおよそ394周に相当する)に到達するか、10時間のレース時間の上限に到達するまでレースが行われる。例外は2009年のレースで、雨で中断して1,000マイル(1,600km)の走行距離に到達せずにレースが終了している。2014年以降は、走行距離の制限は撤廃され10時間のレース時間の上限の規定のみとなった[1][2]。レースカー1台につき2人または3人のチームを組んで争うクラス優勝に加えて、LMP(ル・マン・プロトタイプ)とLMGT(ル・マン・GT、カテゴリの詳細はプロトタイプレーシングカーの記事などを参照)に分割された異なるカテゴリー間でも総合順位が争われる。本レースのクラス優勝者は翌年のル・マン 24時間レースの招待状を自動的に受け取ることが出来たが、2012年よりレギュレーションからその規定は削除された。

リナルド・カペロは、2000年2002年2006年2007年及び2008年の5回の最多優勝の記録を持つ。

2014年以降はUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)内の、NAEC(ノースアメリカ・エンデュランスカップ)の一戦となっている。

2015年は初めてGTカーが、プロトタイプカーを抑えて優勝している。豪雨でコンチネンタルのワンメイクタイヤを履くプロトタイプカー勢がグリップに苦しむ中、タイヤ競争のあったGTLMクラスのミシュラン勢が実力を発揮して総合上位に上がった。レースは2時間余りを残してレース終了が宣言され、ポルシェのLM-GTEが優勝を果たした。

レースの記録(総合優勝者のみ)編集

ドライバー チーム シャシー-エンジン 選手権
1998年   エリック・ヴァン・デ・ポール
  ウェイン・テイラー
  エマニュエル・コラール
  ドイル-リシ・レーシング フェラーリ・333SP プロフェッショナル・スポーツカー・レーシング選手権
1999年   デビッド・ブラバム
  エリック・ベルナール
  アンディ・ウォレス
  パノス・モータースポーツ パノス・LMP-1 ロードスターS-フォード アメリカン・ル・マン・シリーズ
2000年   アラン・マクニッシュ
  リナルド・カペロ
  ミケーレ・アルボレート
  アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R8 アメリカン・ル・マン・シリーズ
2001年   フランク・ビエラ
  エマニュエル・ピロ
  アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R8 アメリカン・ル・マン・シリーズ
ル・マン・シリーズ
2002年   トム・クリステンセン
  リナルド・カペロ
  アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R8 アメリカン・ル・マン・シリーズ
2003年   J.J.レート
  ジョニー・ハーバート
  ADT チャンピオン・レーシング アウディ・R8 アメリカン・ル・マン・シリーズ
2004年   マルコ・ヴェルナー
  J.J.レート
  ADT チャンピオン・レーシング アウディ・R8 アメリカン・ル・マン・シリーズ
2005年   フランク・ビエラ
  エマニュエル・ピロ
  ADT チャンピオン・レーシング アウディ・R8 アメリカン・ル・マン・シリーズ
2006年   リナルド・カペロ
  アラン・マクニッシュ
  アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R10 TDI アメリカン・ル・マン・シリーズ
2007年   アラン・マクニッシュ
  リナルド・カペロ
  アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R10 TDI アメリカン・ル・マン・シリーズ
2008年   アラン・マクニッシュ
  リナルド・カペロ
  エマニュエル・ピロ
  アウディ・スポーツ・ノースアメリカ アウディ・R10 TDI アメリカン・ル・マン・シリーズ
2009年   フランク・モンタニー
  ステファン・サラザン
  チーム・プジョー トタル プジョー・908 HDi FAP アメリカン・ル・マン・シリーズ
2010年   フランク・モンタニー
  ステファン・サラザン
  ペドロ・ラミー
  チーム・プジョー トタル プジョー・908 HDi FAP アメリカン・ル・マン・シリーズ
インターコンチネンタル・ル・マン・カップ
2011年   フランク・モンタニー
  ステファン・サラザン
  アレクサンダー・ヴルツ
  チーム・プジョー トタル プジョー・908 アメリカン・ル・マン・シリーズ
インターコンチネンタル・ル・マン・カップ
2012年   ニール・ジャニ
  ニコラ・プロスト
  アンドレア・ベリッチ
  レベリオン・レーシング ローラ・B12/60-トヨタ アメリカン・ル・マン・シリーズ
ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ
2013年   ニール・ジャニ
  ニコラ・プロスト
  ニック・ハイドフェルド
  レベリオン・レーシング ローラ・B12/60-トヨタ アメリカン・ル・マン・シリーズ
2014年   ジョーダン・テイラー
  リッキー・テイラー
  マックス・アンジェレッリ
  ウェイン・テイラー・レーシング シボレー・コルベット DP テューダーユナイテッド・スポーツカー選手権
2015年   ニック・タンディ
  パトリック・ピレ
  リヒャルト・リーツ
  ポルシェ・ノースアメリカ ポルシェ・911 RSR テューダーユナイテッド・スポーツカー選手権
2016年   ジョン・ピュー
  オズワルド・ネグリJr.
  オリヴィエ・プラ
  マイク・シャンク・レーシング リジェ・JS P2-ホンダ ウェザーテック・スポーツカー選手権
2017年   ライアン・ダルジール
  ブレンドン・ハートレイ
  スコット・シャープ
  テキーラ・パトロン ESM 日産・オンローク・DPi ウェザーテック・スポーツカー選手権
2018年   ライアン・ハンター=レイ
  ジョーダン・テイラー
  レンジャー・ファン・デル・ザンテ
  ウェイン・テイラー・レーシング キャデラック・DPi-V.R ウェザーテック・スポーツカー選手権

レコード(総合優勝者のみ)編集

最多優勝記録(ドライバー別)編集

順位 ドライバー 勝利数
1   リナルド・カペロ 5 2000年、2002年、2006-2008年
2   アラン・マクニッシュ 4 2000年、2006-2008年
3   エマニュエーレ・ピッロ 3 2001年、2005年、2008年
  フランク・モンタニー 2009-2011年
  ステファン・サラザン 2009-2011年
6   J.J.レート 2 2003-2004年
  フランク・ビエラ 2001年、2005年
  ニール・ジャニ 2012-2013年
  ニコラ・プロスト 2012-2013年

最多優勝記録(コンストラクター別)編集

順位 コンストラクター 勝利数
1   アウディ 9 2000-2008年
2   プジョー 3 2009-2011年
3   ローラ 2 2012-2013年
4   フェラーリ 1 1998年
  パノス 1999年
  シボレー 2014年
  ポルシェ 2015年
  リジェ 2016年
  日産 2017年

脚注編集

  1. ^ Petit Le Mans”. IMSA.com. 2014年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月2日閲覧。
  2. ^ @sportscar365”. Twitter.com. 2014年10月2日閲覧。

外部リンク編集