メインメニューを開く

プッシャーゲームとは、日本ではメダル落とし又はコイン落としとも呼ばれ、メダルゲームの一種として扱われるエレメカである。メダルをマシンの中に投入すると、内部にある押し板によりマシンの中に入っているメダルが押し出されて、当たり口の中に落ちたメダルを獲得する事が出来る。

概要編集

プッシャーゲームの内部フィールドにはあらかじめ大量のメダルが入れられている。また、往復運動を繰り返す押し板がある。この中にメダルを入れると、押し板によりメダルが大量のメダルの中に押し込まれる。その影響によりメダルが移動し、メダルが決められた当たり口へと落ちると、そのメダルはプレイヤーの元へと払い出される。当たり口は押し板と平行に(押し板の移動する方向と直角に)設置されている。また、当たり口とは直角に横穴と呼ばれる穴が設置されている。この穴に落ちたメダルは店の物となり回収される。こうしてフィールド上に積み上げられたメダルは、相互に重なりながら、押し板の運動に従って、動いている。

単純なものでは、投入したメダルのみによって、現在フィールド上に積み上がっているメダル群の均衡を崩して、当たり口へ落ち込むように仕向けるのがゲームの目的となる。店舗によっては、意図的にフィールドに積み上げられたメダルが設置されている場合もあり、この山をうまく当たり口に落とし込めば、大勝ちとなるなどのサービスも行われている。また、大部分(現在では全て)のプッシャーゲームは、「Jackpot」などの「当たり」の場合に、機械的に複数枚のメダルがフィールドに投入される仕組みを備えている。現在では当たり口に直接払い出しを行う為の機構を備える機種やクレジットに直接当選したメダルを追加する機種も存在する。しかし、ゲームをやり続けると最終的には、プレーヤーは負けるようになっている。

稼働時間にもよってメダルが複雑に重なり合い「今にも落ちそうになっている」メダルが多い台もまま現れるが、これらゲーム台には振動センサーが組み込まれており、ゲーム台を蹴飛ばすなどの衝撃を与えられると、一時的に動作が止まってしまうと共に不正なゲーム台の操作としてブザーがなるように設計されている。勿論、ゲーム台を蹴飛ばすなどという行為は、プレーヤーとしても恥ずべき迷惑行為でもある訳だが、愛好者筋に於いてはテクニックとしてフィールド上にメダルが落ちるタイミングでゲーム台に軽い振動を与え、メダル配置がより効果的になるようにするという行為も見られない訳ではない。

ただ、これで振動センサーが作動してしまった場合には店員に注意されると共に、この操作で落ちたメダルは没収、フィールド上のメダルを手作業で再配置して再起動されるなどのペナルティも見受けられる。この辺りは、ピンボールにおける「TILT」(ティルト:ゲーム台を揺するテクニックだが、多用すると強制的にミスにさせられる)に通じる「微妙な操作」である。


種類編集

シングルプッシャー編集

一人もしくは二人でプレイする様に設計されたプッシャーゲームのことをシングルプッシャーと呼ぶ。特徴としては比較的ローリスクローリターンであることがあげられる。これは、シングルプッシャーはゲームセンターにある他の一人用のメダルゲームと設置面積があまり変わらないため、内部に貯めておける払い出し用のメダルの量がマスプッシャーに比べて少ない。そのためにマスプッシャーで見られるような大量の払い出しが行われる事は少ないため、必然的に払い出しが行われるために必要な投入枚数も少なめになるためである。

マスプッシャー編集

多人数でプレイする様に設計されたプッシャーゲームのことをマスプッシャーと呼ぶ。シングルプッシャーとは逆に、ハイリスクハイリターンである機種が多い。これは、プレイヤー数が多いために比較的設置面積を広くする事が可能となり、大量のメダルを内部に貯留しておくことが可能となるためである。大量の払い出しの際には、全てのサテライト、もしくは特定のブロックのサテライトから大当たりが発生したサテライトだけに払い出しを行う仕組みを組み込み、大当たりが発生したサテライトだけがメダル切れになるという事態を防ぐようになっている。また、多くの機種にプログレッシブジャックポット機能が導入され、プレイヤーが多い程、前回の大当たりから時間が経っているほど、ジャックポットの際の払い出し枚数が増えるようになっている。最近のコナミの機種では上限が5000枚となっているものが多い。ただし、最近では『メダルの達人』や『ウィングファンタジア』のように大型ディスプレイと、複数台のシングルプッシャーから構成されるものもある。このタイプの機種は、通常のマスプッシャーと異なり設置の自由度が高いというメリットがあるが、プッシャー間でメダルの融通が出来ないため、大当たりの際のメダル払い出し枚数はシングルプッシャーと大差がない。