メインメニューを開く

プッシュトーク (PushTalk) とは、かつてNTTドコモが提供していたプッシュ・ツー・トークサービスの商標[1]名である。キャッチコピーは「Play! Push! Talk!」。FOMA 90xシリーズ、70xシリーズ、新型番シリーズの一部端末で対応していた。

目次

サービス内容編集

対応端末には、側面にプッシュトークボタンがある。プッシュトークを利用したい場合にはプッシュトークボタンを押し、「プッシュトーク電話帳」を表示させ、話したい相手を指定(通常は最大5人まで。プッシュトークプラスを契約した場合は最大20人)して呼び出す。会話に参加できる人はプッシュトークボタンを押して応答し、話し始める。

1回ボタンを押して話せる時間は最大30秒で、話している間はボタンを押し続ける必要がある(話している途中に間違って指を離してしまうと終了)。また、発言権を得るためには相手の発言が終わってからプッシュトークボタンを押す必要があり(発言権の予約ができない)、ボタンを押し損ねて話せないこともある。

会話にはパケット通信を利用しており、2秒ほどの遅延が発生することもある。30秒間誰も発言権を得ないと、そのプッシュトークは切断される。

なお、大半の機種で端末を閉じたままプッシュトークに応答、会話ができる。一部の初期の端末は「閉じたままの応答」(その後閉じて会話は可能)や「閉じたままの応答・会話」に対応していない場合もあった。また、非対応機種に呼び出しを行おうとした場合はエラーメッセージが表示される。

903iシリーズからは、発信者に限り、新たなメンバーを途中から呼び出したり、一度切れたメンバーを再び呼び出すことができるようになった。 加えてデフォルトでハンズフリーとなった。

料金形態編集

対応端末であれば申し込みせずに利用できる。1プッシュ(1回の発言権)ごとに5.25円。30秒話しても話さなくても料金は同じ。会話を聞くだけの場合は無料。

カケ・ホーダイ(税込みで月額1,050円)を契約するとプッシュトークが定額料金で利用できる。サービス開始から2005年12月31日までは全料金が無料であった。

2006年12月1日から2006年12月31日までの期間は『プッシュトーク★キラキラ大作戦』キャンペーンの第1弾として、プッシュトークの通信料、定額料が無料化された。キャンペーンの第2弾はプレゼント企画で、2007年1月1日 - 同月31日。

2008年6月1日 - 同年12月31日は「プッシュキャンペーン」と題し、1プッシュの料金が通常の5.25円から1.05円に、カケ・ホーダイの月額料が税込で315円に値下げされた。

法人向けとして、「プッシュトークプラス」(PushTalk Plus) がある。通常のサービスに加えて、最大20人まで呼び出せるほか、プッシュトーク電話帳のネットワーク経由での編集、各自の状態(会議中、移動中など)をネットワークに登録できる。

実態編集

ドコモの資料では、2006年9月末までに約800万台の対応端末を販売し、対応端末を所有しているユーザーのうち8%が月1回以上発信している[2]。市場の変化に伴い2010年9月30日にサービスを終了した。晩年の月間利用者数は10万人程度である[3]

対応機種編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 商標登録第5038187号。
  2. ^ ユニークユーザー率。なお、「月1回以上発信」とは、「月1回のみ発信したユーザー」も「月100回発信したユーザー」も、いずれも1人とカウントされる。このことを受けて、ドコモの執行役員である夏野剛氏は、903iシリーズの発表に際し、「8%という数字はそんなに悪くない数字だろう」と発言している。ドコモIRサイト 903iシリーズ等発表会の「最近の状況」より。
  3. ^ 「プッシュトーク」サービスの終了について NTTドコモ 2009年5月8日