本来の表記は「砵仔糕」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

砵仔糕(プッチャイコー、英語:Put chai ko)は香港で有名な菓子である[1]プディングケーキの一種で手のひら程度の大きさであり、甘い味がする。軟らかいが、ボウルや小さい容器に流し込んだ形状で提供される[2] 。ケーキは、蒸した砂糖とその他の材料によって様々な形態で作られる。ういろう(外郎)みたいに。

砵仔糕
Bowl Rice Cakes.jpg
フルコース ケーキ
発祥地 中華人民共和国の旗 中国 広東省
主な材料 蒸した粘米粉(うるち米の粉)ときび砂糖
テンプレートを表示
プッ仔コー
中国語
英文表記
(意味)
little pudding cake

料理名編集

砵仔糕には、多くの英語名の料理で知られている。例えば、Put chai pudding, Earthen bowl cake, Bootjaigo, Red bean pudding, Bood chai koが挙げられるが、最も非公式であるが、直訳した物としてSticky rice puddingがある。

歴史編集

砵仔糕は、他の伝統的な広東料理の蒸しケーキと似た製法で作られる。発祥は、香港より140 km西にある中国大陸台山市であると言われている。砵仔糕は1980年代半ばに人気絶頂となり、露天商が道路一面に荷車を引いて砵仔糕を売っていた。当時は、味もほんのちょっとしかなかった。この料理の文化的な特徴の1つに、磁器のボウルかアルミニウムカップで提供される事が挙げられる[3]。今日では、砵仔糕は中華風ベーカリー喫茶店、露天商などで味わう事が出来る。そして、アイスキャンデーのように2本ので出来たスティックに巻き付けて提供される事も多くなってきている。

味の種類編集

伝統的に香港で売られている砵仔糕の味は、以下のような物がある。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ bluebalu (2011年9月26日). “Pudding time”. wordpress.com. 2011年10月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月15日閲覧。
  2. ^ irenechanwai (2009年4月11日). “砵仔糕-製作過程-1 (広東料理)”. YouTube. 2012年8月12日閲覧。
  3. ^ oldfriend (2008年6月9日). “美味砵仔糕 (広東料理)”. YouTube. 2012年8月12日閲覧。

外部リンク編集