座標: 北緯27度40分 東経89度50分 / 北緯27.667度 東経89.833度 / 27.667; 89.833

プナカ県(プナカけん、ゾンカ語:སྤུ་ན་ཁ་རྫོང་ཁག/ワイリー方式:Spu-na-kha rdzong-khag)はブータン中央部の県。 ティンプー県ガサ県ワンデュ・ポダン県に接する。 国語のゾンカ語が主に用いられる。 面積は1110km22013年の人口は2万6981人、人口密度は24.3人/km2である。

プナカ県の位置
プナカ城の側を流れるモ・チュフ川英語版

文化編集

行政と宗教の中心であるプナカ城英語版は、僧侶委員会英語版の冬の会場である。 1680年から、プナカ城では国父であるガワン・ナムゲルの遺体の寝ずの番が行われている。 ガワン・ナムゲル時代(〜1651年)にはプナカ城はブータンの首都だった。 プナカ城は国内で最も歴史的な城の1つである。 17世紀にガワン・ナムゲルがフォ・チュフ川英語版(男性)とモ・チュフ川英語版(女性)の間に建設した。

行政区画編集

プナカ県は11の村に分かれる。

地理編集

プナカ県の半分以上(チュフブ村ゴエンシャリ村カブジサ村トエワング村)はジグメ・ドルジ国立公園英語版に含まれる。 ティンプー県との境界には緑の回廊が通る。 [1][2]

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Parks of Bhutan”. Bhutan Trust Fund for Environmental Conservation online. Bhutan Trust Fund. 2011年7月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月26日閲覧。
  2. ^ Chiwogs in Punakha (PDF)”. Election Commission, Government of Bhutan (2011年). 2011年7月28日閲覧。