プファルツ=ズルツバッハ

プファルツ=ズルツバッハ(Pfalz-Sulzbach)は、かつて存在した神聖ローマ帝国領邦の一つ。現在のドイツバイエルン州アンベルク=ズルツバッハ郡を中心とする一帯に存在し、プファルツ系ヴィッテルスバッハ家の支族が治めた。

ズルツバッハ城

1569年から1604年まで編集

プファルツ=ズルツバッハは、1569年プファルツ=ツヴァイブリュッケン公ヴォルフガングの死により、プファルツ=ツヴァイブリュッケンより生じた。彼の地はヴォルフガングの息子オットー・ハインリヒが統治した。1604年にオットー・ハインリヒが後継ぎを残さずして死ぬと、プファルツ=ズルツバッハは兄のプファルツ=ノイブルク公フィリップ・ルートヴィヒの所領へ編入された。

プファルツ=ズルツバッハ公

1614年から1742年まで編集

1614年のプファルツ=ノイブルク公フィリップ・ルートヴィヒの死により、その息子アウグストが新たにプファルツ=ズルツバッハを興した。彼の地はバイエルン選帝侯と2分された。西方は帝国都市ニュルンベルクに接し、東方はボヘミア王国に接した。

アウグストの跡を継いだクリスティアン・アウグストは寛容な君主で、個々の宗教の信仰を認めたり、シムルタネウムを導入したり、1666年ユダヤ人が定住するのを認め、印刷業を設立した。プファルツ選帝侯カール3世フィリップの死後、クリスティアン・アウグストの後継者のプファルツ=ズルツバッハ公が選帝侯位を継承するのは明白であった。しかし、それが実現したのは1742年カール・テオドールの代であった。

プファルツ=ズルツバッハ公