プラキン(英:Plakin)は、一次構造にプラキンドメインを持つ一群のタンパク質で、細胞結合の接着装置にあり、多くは細胞骨格と結合する。

プラキンドメイン編集

 
プラキンドメイン。スペクトリン繰返し構造(SR:spectrin repeats)が4つ(青色の楕円)、次いで、SH3ドメイン(src homology 3 domain)(SH3)が1つ(紫色の長方形)、そして、再びスペクトリン繰返し構造(SR:spectrin repeats)がある

プラキンドメインスペクトリン繰返し構造(SR:spectrin repeats)が数個、次いで、次いで、SH3ドメイン(src homology 3 domain)(SH3)が1つ、そして、再びスペクトリン繰返し構造(SR:spectrin repeats)が数個あるドメインである。

プラキンファミリー編集

プラキンファミリーは、以下のタンパク質からなる[1][2]

プラキンの上位はスペクトラプラキン(spectraplakins)である[3]

脚注・文献編集

  1. ^ William B. Coleman; Gregory J. Tsongalis (2009). Molecular pathology: the molecular basis of human disease. Academic Press. pp. 531-. ISBN 978-0-12-374419-7. http://books.google.com/books?id=btloapOq85wC&pg=PA531 2013年9月9日閲覧。 
  2. ^ Roper K, Gregory SL, Brown NH (Oct 2001). “The plakin family”. J Cell Sci 114(Pt 19): 3409-3410. PMID 11682600. http://jcs.biologists.org/content/114/19/3409.long. 
  3. ^ Leung CL, Liem RK, Parry DA, Green KJ (Nov 2002). “The `Spectraplakins': cytoskeletal giants with characteristics of both spectrin and plakin families”. J Cell Sci 115(Pt 22): 4215-4225. PMID 12376554. http://jcs.biologists.org/content/115/22/4215.long. 

外部リンク編集