プラスキ・ヤンキース

プラスキ・ヤンキースPulaski Yankees)はアメリカ合衆国バージニア州プラスキ郡プラスキ英語版にあったプロ野球チーム。MLBニューヨーク・ヤンキースの傘下チームとして活動してきたが、2020年に解散した。

プラスキ・ヤンキース
Pulaski Yankees
バージニア州プラスキ郡プラスキ
創設: 1982年
所属リーグ
  • Advanced Rookie (1969 - 1977, 1982 - 1992, 1997 - 2006, 2008 - 2020)
  • Dクラス (1946 - 1958)
  • Cクラス (1942)
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • '
  • プラスキ・ヤンキース(2015 - 2020)
  • プラスキ・マリナーズ (2008 - 2014)
  • プラスキ・ブルージェイズ (2003 - 2006)
  • プラスキ・レンジャーズ (1997 - 2002)
  • プラスキ・ブレーブス (1982 - 1992)
  • プラスキ・フィリーズ (1952 - 1955, 1969 - 1977)
  • プラスキ・カブス (1957 - 1958)
  • プラスキ・カウンツ (1942, 1946 - 1950)
歴代本拠地

収容人員: 2,500人

獲得マイナーリーグタイトル
リーグ優勝 1948・1969・1986
1991・2013
地区優勝 1984・1986・1989
1991・1997・1999
2008・2010・2013
2019
オーナー:
GM:
監督:

歴史編集

1942年、Cクラス・バージニアリーグの「ハリソンバーグ・タークス」がバージニア州プラスキ郡プラスキ英語版へ移転し、「プラスキ・カウンツ」へ改名。しかしこの年限りでバージニアリーグが解散となったため、チームも消滅した。

1946年、4年ぶりに「プラスキ・カウンツ」が復活し、Dクラス・アパラチアンリーグに加盟した。

1947年からブルックリン・ドジャースと提携を開始。

1948年は初のリーグ優勝を果たした。

1950年にドジャースとの提携を解消した。

1951年は活動を休止し、1952年フィラデルフィア・フィリーズの傘下チームとして復活。チーム名を「プラスキ・フィリーズ」へ改名した。

1956年に再び活動を休止。1957年シカゴ・カブス傘下チームとして復活。チーム名を「プラスキ・カブス」へ改名。

1959年に4度目の活動休止となった。

1969年、フィリーズ傘下の「プラスキ・フィリーズ」として11年ぶりに復活した。

1978年、5度目の活動休止となり、1982年アトランタ・ブレーブスとの提携で「プラスキ・ブレーブス」として復活。

1993年、14年間続いたブレーブスとの提携が終了し、活動休止となった。

1997年テキサス・レンジャーズの傘下チームとして「プラスキ・レンジャーズ」を創設。

2002年限りでレンジャーズとの契約が終了し、オフにトロント・ブルージェイズと提携を開始。「プラスキ・ブルージェイズ」へ改名した。

2006年にブルージェイズとの契約が終了し、活動休止となった。

2007年12月21日にマリナーズと提携を結び、「プラスキ・マリナーズ」として活動を再開した[1]

2008年9月9日にマリナーズと2年契約を結んだ[2]

2010年9月1日にマリナーズと2年契約で契約を延長した[3]

2012年9月14日にマリナーズと2年契約で契約を延長した[4]

2014年9月9日にニューヨーク・ヤンキースと提携を開始することが発表された[5]

2020年11月、マイナーリーグの組織再編に伴い、ヤンキースとの提携関係が終了することになり、またアパラチアンリーグが大学野球リーグとして再出発することになったため、チームは解散することになった。

なお2021年に、アパラチアンリーグで活動する学生野球チーム「プラスキ・リバータートルズ英語版」が誕生したが、直接の関係はない。

主な過去所属選手編集

年度別成績編集

勝敗 順位 監督 ポストシーズン
プラスキ・レンジャーズ
1997 43勝25敗 東地区1位 フリオ・クルーズ 決勝敗退
1998 29勝37敗 東地区3位 ブルース・クラブ
-
1999 48勝21敗 東地区1位 決勝敗退
2000 40勝28敗 東地区2位
-
2001 38勝30敗 東地区3位
-
2002 34勝32敗 東地区3位 ペドロ・ロペス
-
プラスキ・ブルージェイズ
2003 38勝29敗 東地区2位 ポール・エリオット
-
2004 40勝27敗 東地区2位 ゲイリー・カスカート
-
2005 34勝33敗 東地区3位 デーブ・パーノ
-
2006 35勝33敗 東地区2位
-
プラスキ・マリナーズ
2008 40勝27敗 東地区1位 ロブ・ムンマウ 決勝敗退
2009 28勝36敗 東地区1位 ホセ・モレノ
-
2010 37勝28敗 東地区1位 エディ・メンチャーカ 準決勝敗退
2011 32勝36敗 東地区3位 ロブ・ムンマウ
-
2012 29勝38敗 東地区5位 ホセ・モレノ
-
2013 41勝27敗 東地区1位 クリス・プリエト リーグ優勝
2014 36勝30敗 東地区3位 ロブ・ムンマウ
-
プラスキ・ヤンキース
2015 45勝23敗 東地区1位 トニー・フランクリン 決勝敗退
2016 29勝37敗 東地区5位 トニー・フランクリン
-
2017 41勝26敗 東地区2位 ルー・ドランテ 決勝敗退
2018 32勝36敗 東地区4位 ニック・オーティス
-
2019 42勝26敗 東地区1位 ルー・ドランテ 準決勝敗退
2020 中止

脚注編集

  1. ^ Seattle Mariners add Minor League affiliate in Pulaski, Virginia”. MLB.com Mariners Press Release (2007年12月21日). 2014年12月23日閲覧。
  2. ^ Mariners extend working agreements with three Minor League affiliates”. MLB.com Mariners Press Release (2008年9月9日). 2014年12月23日閲覧。
  3. ^ Mariners extend working agreements with West Tenn, Pulaski”. MLB.com Mariners Press Release (2010年9月1日). 2014年12月23日閲覧。
  4. ^ Mariners extend working agreement with four affiliates”. MLB.com Mariners Press Release (2012年9月14日). 2014年12月23日閲覧。
  5. ^ Danny Wild (2014年9月9日). “Pulaski will be Yanks affiliate for '15 season”. MiLB.com. 2014年12月23日閲覧。

外部リンク編集