プラスチックガール

プラスチックガール』は、2002年11月20日ヤマハミュージックコミュニケーションズより発売されたcapsuleの5枚目のCDマキシシングルである(品番:YCDW-00011)[1]

プラスチックガール
capsuleシングル
初出アルバム『CUTIE CINEMA REPLAY
リリース
規格 CDシングル
ジャンル エレクトロ
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロデュース 中田ヤスタカ
capsule シングル 年表
music controller
(2002年)
プラスチックガール
(2002年)
CUTIE CINEMA pre-PLAY
(2003年)
テンプレートを表示

アルバム『ハイカラ・ガール』や、シングル『music controller』の収録曲とは打って変わって、本作はピチカート・ファイヴを髣髴とさせる往年の渋谷系のような曲調になった。capsule(現 CAPSULE)のデビューシングル『さくら』の発売20周年となる2021年3月28日から、iTunes Storeや各種ストリーミングサービスでも配信されている[2]。なお、本作のジャケットの裏面には、2003年に設立されたレーベル『contemode』の名前とロゴが描かれているが、本作はcontemodeからのリリースではなく、contemodeからリリースされた最初の作品は、2003年3月12日発売のシングル『CUTIE CINEMA pre-PLAY』である。

楽曲について編集

1.プラスチックガール

テレビ東京の番組『給与明細』のエンディングテーマとして使用された。
秋田朝日放送の番組『サタナビっ!』のメインテーマとして使用された。

また、プラスチックガール [remix]のインストゥルメンタル版がニッポン放送制作裏送り番組『中村こずえのみんなでニッポン日曜日!』のオープニングテーマ、ならびに番組ジングルとして15年間用いられた。

収録曲について編集

全作詞・全作曲:中田ヤスタカ

CD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「プラスチックガール」(feat.Eel)  
2.「おやすみ」(feat.Eel)  
3.「プラスチックガール [remix]」(feat.Eel)  

脚注編集

  1. ^ プラスチックガール | capsule | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト”. ヤマハミュージックコミュニケーションズ | YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS CO., LTD.. 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ 田村, 伊吹 (2021年3月26日). “デビューシングル『さくら』から『レトロメモリー』がサブスクリプションサービスにて配信決定!” (英語). CAPSULE OFFICIAL WEB. 2021年12月10日閲覧。