プラット・アンド・ホイットニー JT3D

JT3Dは、プラット・アンド・ホイットニーが開発したターボファンエンジン。ターボファンエンジン としては初期のものであり、1958年JT3C(J57) ターボジェットエンジンを改良してできたものである。1959年から1985年の間に8,000基以上が生産された。アメリカ空軍の制式記号TF33としても知られ、軍用機にも用いられている。

B707に装備されたJT3D-3B

概要編集

1959年ボーイング707720向けに発注が開始された。アメリカン航空はJT3Dを搭載したB707、KLMオランダ航空はJT3Dを搭載したDC-8をそれぞれ注文した。初期のB707はJT3C ターボジェットエンジンを搭載していたが、騒音が大きく、燃費も悪かった。そのため、経済性を要するエアラインでは高性能なターボファンエンジンの登場が望まれていた。1961年3月12日、JT3D搭載のB707-123とB720-023は、アメリカン航空に同日に運行を開始した。次に開発されたB707-300シリーズは、JT3D ターボファンのみの注文だった[1]

KC-135Aは、J57(JT3C)ターボジェットエンジンを搭載しており、数機が試験的にTF33に換装している。その後1980年代の近代化計画により160機がJT3D(アメリカ軍名称:TF33-PW-102)に換装し、型式名がKC-135Eに変更され、空軍州兵などに配備された[1]

JT3D(TF33)を搭載する機体にB-52H爆撃機がある。 B-52Hは、TF33を8基(2機1組で4つのパイロンで翼下に装着)使用している。数度の運用期間延長を経て老朽化した事に加え、メーカー側が2030年以降サポートを行わない方針を示したことから、2021年9月24日、換装用のエンジンとしてロールス・ロイスF130」の採用が発表された[2][3]

搭載機編集

 
KC-135に装備中のTF33

仕様 (TF33-PW-7)編集

一般的特性

構成要素

性能


バリエーション編集

JT3D-3
出力18,000lb(80.1kN)。民間用。
TF33-P-3
出力17,000lb(75.6kN)。B-52H用。
TF33-P-5
出力18,000lb(80.1kN)。KC-135E用。
TF33-P-7
出力21,000lb(93.4kN)。C-141用。
TF33-P-11
出力16,000lb(71.2kN)。WB-57F用。

脚注編集

  1. ^ a b Tony Pither, The Boeing 707 720 and C-135, Air-Britain (Historians), 1998, ISBN 0 85130 236 X
  2. ^ “「成層圏の要塞」の異名持つ米B-52戦略爆撃機 2050年以降も飛ぶため新型エンジンへ”. 乗りものニュース. (2021年9月26日). https://trafficnews.jp/post/111101 2021年9月26日閲覧。 
  3. ^ 米空軍、B-52新エンジンにF130選定 ロールス・ロイスが受注 - AviationWire・2021年9月28日