プラド美術館

スペインのマドリードにある美術館

プラド美術館(プラドびじゅつかん、西: Museo del Prado)は、スペインマドリードにある美術館。歴代のスペイン王家のコレクションを中心に幅広いヨーロッパ絵画を展示する世界有数の美術館であり、数々の重要な傑作が収蔵されている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg プラド美術館
Museo del Prado
Museo del Prado 2016 (25185969599).jpg
プラド美術館
プラド美術館の位置(マドリード内)
プラド美術館
マドリード内の位置
施設情報
正式名称 Museo del Prado
来館者数 3,033,754人(2016年)[1]
開館 1819年
位置 北緯40度24分50秒 西経3度41分33秒 / 北緯40.41389度 西経3.69250度 / 40.41389; -3.69250座標: 北緯40度24分50秒 西経3度41分33秒 / 北緯40.41389度 西経3.69250度 / 40.41389; -3.69250
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
プラド美術館新館、へロニモス館内のカフェテリア

歴史編集

美術館の前身である王室コレクションは、16世紀にヨーロッパ第一の大帝国となったスペインの莫大な富と権力を背景に選りすぐりの絵画が当時の美術の中心であったイタリア、フランドルなどから購入されたことに端を発している。スペイン・ハプスブルク家カール5世が基礎を築き、フェリペ2世フェリペ4世に引き継がれた、このコレクションは17世紀末には5500点を超える膨大なものであった。スペイン・ブルボン家の時代になってもコレクションはフェリペ5世カルロス4世らによって拡充されたが、1734年の旧マドリード王宮の火災で500点以上が灰塵に帰し、19世紀初頭のナポレオン軍の侵攻による略奪等によってさらにヤン・ファン・エイクの『アルノルフィ二夫妻像』、ジャック・ルイ・ダヴィッドの『サン・ベルナール峠を越えるボナパルト』などの傑作を含む数百点が失われた。

美術館は、1819年11月19日に「王立美術館」と称して開館した[2]1868年の革命後には「プラド美術館」と改称され、現在は文化省所管の国立美術館となっている。美術館開館後、コレクションは教会、個人収集家等からの寄贈、購入によって大きく増加し、現在では質量ともに世界有数の美術館となっている。

メインとなるビリャヌエバ館の建物は、1785年カルロス3世が自然科学に関する博物館を作るため、フアン・デ・ビリャヌエバ英語版に設計させたものである。しかし、博物館として使われることはなく、カルロス3世の孫のフェルナンド7世が妻マリア・イサベルの進言を受け、美術館とした。その後、20世紀を通じ、新たな展示室を設けるために、いくたびかビリャヌエバ館は拡張された。その東側には、2007年にホセ・ラファエル・モネオの設計による新館、ヘロニモス館が増築され[3]、主にカフェテリア、ショップなどのサービス施設のほか、企画展示に使用されている。ビリャヌエバ館は2階・1階・0階・-1階の4フロア、ヘロニモス館は2階・1階・0階で構成され、両館は0階で連絡している。現在、さらに近隣のサロン・デ・レイノス (Salon de Reinos) の建物を新たな別館とする拡張計画が進行中である。

コレクション編集

プラド美術館には約8000点以上の油彩画、約1,000点の彫刻、約4,800枚の版画、約8,200枚の素描、多くの美術史に関する書類が収められている。2021年の時点で約1400点の絵画が展示されており[4]、約3,100点は他の美術館や研究所へ貸与されている。その他の作品は保管されている[5]

プラド美術館の名を世界的なものにしているのは、何と言ってもルネサンスバロック絵画を中核とした膨大なヨーロッパ絵画である。その特徴は、歴代スペイン王の趣味やスペインの歴史を如実に反映していることで、西洋美術史を系統的にバランスよく展示しているわけではなく、時代、国、画家によって偏りがある。その一方、他の欧米の美術館ではあまり見ることができない数多くの画家の作品が集中的に収蔵されており、それが美術館独自の魅力となっている。

スペイン絵画編集

 
エル・グレコ『胸に手を置く騎士』(1580年以前)

5000点近い収集を持つスペイン絵画は、フアン・デ・フランデスルイス・デ・モラレスエル・グレコホセ・デ・リベーラスルバランディエゴ・ベラスケスバルトロメ・エステバン・ムリーリョルイス・メレンデスフランシスコ・デ・ゴヤなどの多数の作品を初めとする中世から20世紀初頭にいたる、比類のないコレクションを誇っている[6]。世界で唯一スペイン絵画の全貌に触れられるこのコレクションは、フアン・サンチェス・コターンフェデリコ・デ・マドラーソマリアノ・フォルトゥーニホアキン・ソローリャなどスペイン以外ではほとんど作品が見られない画家まで網羅している。そしてスペイン絵画を代表するディエゴ・ベラスケスフランシスコ・デ・ゴヤ二人の宮廷画家の画業については、全生涯の作品を展示する圧倒的なコレクションである。前者の作品は最高傑作『ラス・メニーナス』を含む約50点、後者の作品も代表作『マドリード、1808年5月3日』、『カルロス4世の家族』等を含む130点以上を数え、プラド美術館の作品を抜きにしてこの二人の画家の神髄に触れることはできない。加えて40点近いエル・グレコの作品も、『受胎告知』等スペイン時代の代表作のみならずイタリア時代の作品まであり、質量ともにプラド美術館の収集は傑出している。

重要作

ジャウメ・セラ:『トベの聖母』

バルトロメ・ベルメーホ:『シロスの聖ドミニクス』

フアン・デ・フランデス:『磔刑』

ルイス・デ・モラレス:『聖母子』

エル・グレコ:『聖三位一体』、『寓話』、『胸に手を置く騎士』、『受胎告知』、『キリストの復活』、『羊飼いの礼拝』

フアン・サンチェス・コターン:『狩猟の獲物、野菜と果物のある静物

ホセ・デ・リベーラ:『聖フィリポの殉教』、『ヤコブの夢』、『マグダラのマリア』

フランシスコ・デ・スルバラン:『聖ペドロ・ノラスコへの聖ペテロの顕現』、『壺のある静物』、『祈る聖フランチェスコ』

ディエゴ・ベラスケス:『東方三博士の礼拝』、『酔っ払いたち』、『ウルカヌスの鍛冶場』、『キリストの磔刑』、『ブレダの開城』、『道化セバスティアン・デ・モーラ』、『織女たち』、『ラス・メニ―ナス

バルトロメ・エステバン・ムリーリョ:『小鳥のいる聖家族』、『ロザリオの聖母』、『ベネラブレスの無原罪の御宿り』

ルイス・メレンデス:『鮭、レモンと三個の器のある静物』

フランシスコ・デ・ゴヤ:『日傘』、『オスナ侯爵の家族』、『カルロス4世の家族』、『裸のマハ』、『着衣のマハ』、『マドリード、1808年5月2日』、『マドリード、1808年5月3日』、『自画像』、『我が子を食らうサトゥルヌス

エドゥアルド・ロサレス:『カトリック女王イサベルの遺言』

フェデリコ・デ・マドラーソ:『ビルチェス伯爵夫人の肖像

マリアノ・フォルトゥーニ:『日本間にいる画家の子供たち』

フランシスコ・プラディーリャ:『狂女フアナ

ホアキン・ソローリャ:『浜辺の子供たち』

フランドル絵画編集

 
ピーテル・パウル・ルーベンス『愛の園』(1490-1510年)

美術館には、フランドルイタリアなどの外国絵画も多く所蔵されている[7]。フランドル絵画については、その写実主義がカール5世以降のスペイン歴代の王の好みに合ったことに加え、フランドルがスペイン王室の領土(ネーデルラント17州南ネーデルラントを参照)であったことを背景(例えば、ルーベンスが仕えたのは、ハプスブルク家のネーデルラント総督であったスペイン王女イサベル)に、16世紀から17世紀にかけて、代表的な画家の傑作が多数収集された[8]。中でもフェリペ4世が収集した90点を超すルーベンスの作品は世界随一である。またフェリペ2世が愛好したヒエロニムス・ボスの『快楽の園』は、プラド美術館のみならず西洋絵画史上の代表作の一つである。

重要作

ロベルト・カンピン:『マリアの結婚』、『ウェルル祭壇画

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン:『十字架降下』、『聖母子』

ディルク・ボウツ:『マリアの生涯』

ハンス・メムリンク:『東方三博士の礼拝』、『聖母子と天使』

ヒエロニムス・ボス:『快楽の園』、『乾草車』、『東方三博士の礼拝

ヘラルト・ダヴィト:『エジプトへの逃避途上の休息』

クエンティン・マサイス:『エッケ・ホモ』

ヨアヒム・パティニール:『冥府の川の渡し守りカロン』、『荒野の聖ヒエロニムス』

ピーテル・ブリューゲル:『死の勝利』、『聖マルティンのワイン祭り』

アントニス・モル:『イングランド女王メアリー1世』

ヤン・ブリューゲル (父):『五感の寓意』連作

ピーテル・パウル・ルーベンス:『聖ゲオルギウスと竜』、『レルマ公騎馬像』、『東方三博士の礼拝』、『三美神』、『パリスの審判』、『愛の園』、『神話の人物と農民の踊り』

アンソニー・ヴァン・ダイク:『キリストの捕縛』、『キリストの荊冠』、『エンディミオン・ポーター卿と画家』

ヤーコブ・ヨルダーンス:『画家の家族』

ダーフィット・テニールス (子):『ブリュッセルの画廊における大公レオポルト・ヴィルヘルム

イタリア絵画編集

イタリア絵画については、スペインが16世紀以降ミラノナポリシチリアを領有し、そのほかイタリア全土に大きな政治的影響力を持っていたことにより多数の作品が王室コレクションに入った。初期ルネサンス絵画は少ないものの、フラ・アンジェリコマンテーニャボッティチェッリらの傑作があり、盛期ルネサンスおよびマニエリスム絵画では、ラファエロコレッジョセバスティアーノ・デル・ピオンボパルミジャニーノ、フェデリコ・バロッチらの重要な作品がある。フェリペ2世らは、とりわけヴェネツィア派を熱心に収集したため、ティツィアーノティントレットヴェロネーゼらの作品群は、プラド美術館が特に誇るコレクションとなっている[9]。中でもティツィアーノの作品は、約40点を数え、質量ともに世界最高である。そのほかアンニーバレ・カラッチカラヴァッジョグイド・レーニルカ・ジョルダーノらを初めとする17世紀バロック絵画スペイン・ブルボン家の宮廷に招聘されたジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロを初めとする18世紀の絵画も充実している。

重要作

フラ・アンジェリコ:『受胎告知』、『ザクロの聖母』

アンドレア・マンテーニャ:『聖母の死

アントネロ・ダ・メッシーナ:『天使に支えられる死せるキリスト

サンドロ・ボッティチェッリ:『ナスタ―ジョ・デリ・オネスティの物語

ラファエロ・サンティ:『枢機卿の肖像』、『魚の聖母』、『聖家族、あるいはラ・ぺルラ

アンドレア・デル・サルト:『階段の聖母』、『イサクの犠牲

コレッジョ:『聖母子と幼児聖ヨハネ』、『ノリ・メ・タンゲレ

ロレンツォ・ロット:『マルシリオ・カッソッティと妻ファウスティーナの肖像

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ:『ヴィーナスへの奉献』、『アンドロス島のバッカス祭』、『カール5世騎馬像』、『ダナエ』、『ヴィーナスとアドニス』、『キリストの埋葬』、『自画像』

ティントレット:『弟子の足を洗うキリスト』、『金の鎖をつけた騎士』、『トルコ軍とキリスト教徒の戦い』

パオロ・ヴェロネーゼ:『博士たちの間のキリスト』、『川から救われたモーセ』、『ヴィーナスとアドニス

パルミジャニーノ:『サン・セコンド伯爵ピエル・マリア・ロッシの肖像

セバスティアーノ・デル・ピオンボ:『十字架を運ぶキリスト』

ソフォニスバ・アングイッソラ:『フェリペ2世』

アンニーバレ・カラッチ:『ヴィーナス、アドニスとキューピッド』

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ:『ダヴィデとゴリアテ

グイド・レーニ:『アタランテとヒッポメネス

ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ:『無原罪の御宿り』

フランス、ドイツ、オランダ絵画編集

スペイン、フランドル、イタリア以外のヨーロッパ各国の絵画は、スペインと政治的・宗教的に対立した歴史的事情を反映して少ないが、やはり傑作が収蔵されている。フランス絵画では、17世紀のプッサンクロード・ロランの作品が特筆に値し、ほかにジョルジュ・ド・ラ・トゥ―ルヴァトー、そして18世紀のスペイン・ブルボン家の宮廷に招聘されたルイ=ミシェル・ヴァン・ローらの作品もある。ドイツ絵画では、ルネサンス期の名作が見逃せない。アルブレヒト・デュ―ラーの『アダムとイヴ』などの代表作が収蔵されているほか、クラナッハハンス・バルドゥングの傑作がある。また18世紀の新古典主義の画家アントン・ラファエル・メングスのコレクションも重要である。そのほか17世紀オランダ絵画では、レンブラントの名作が収蔵されている。

重要作

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール:『ハーディーガーディーを弾く盲人』

プッサン:『パルナッソス』、『ダヴィデの勝利』

クロード・ロラン:『聖女パウラの乗船とオスティア港風景』

ヴァトー:『結婚の契約と田園の舞踏』

アルブレヒト・デューラー:『自画像』、『アダム』、『イヴ

ルーカス・クラナッハ:『聖母子、洗礼者ヨハネと天使たち』

ハンス・バルドゥング:『人生の三段階と死

レンブラント・ファン・レイン:『ホロフェルネスの晩餐会でのユーディット』

ギャラリー編集

Category:プラド美術館の所蔵品も参照

著名な絵画[10]

アクセス編集

マドリード地下鉄2号線Banco de España」駅、または1号線Atocha」駅下車。

その他編集

出典編集

  1. ^ The Art Newspaper Ranking VISITOR FIGURES 2016 (PDF)”. The Art Newspaper. 2016年10月9日閲覧。
  2. ^ Institutional information - Museo Nacional del Prado
  3. ^ プラド美術館ガイドブック、2009年刊行、17項参照 ISBN 978-84-8480-189-4 2021年6月21日閲覧
  4. ^ https://www.museodelprado.es/
  5. ^ Prado website. See also Museo del Prado, Catálogo de las pinturas, 1996, Ministerio de Educación y Cultura, Madrid, No ISBN, which lists about 7,800 paintings. Many works have been passed to the Museo Reina Sofia and other museums over the years; others are on loan or in storage. On the new displays, see El Prado se reordena y agranda. europapress.es here (in Spanish)
  6. ^ プラド美術館ガイドブック、2009年刊行、23項参照 ISBN 978-84-8480-189-4
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説”. コトバンク. 2018年5月26日閲覧。
  8. ^ プラド美術館ガイドブック、2009年刊行、307項参照 ISBN 978-84-8480-189-4
  9. ^ 同上、244項参照 ISBN 978-84-8480-189-4
  10. ^ プラド美術館ガイドブック、2009年刊行、ISBN 978-84-8480-189-4

外部リンク編集