プラニツァ(Planica)は、スロベニアの北西部、ジュリア・アルプス山脈にある谷のひとつである。世界最大級のスキージャンプ競技場があることで知られている。

プラニツァ谷
左からレタウニツァ、K=40、スカカウニツァヴェリカンカの助走路もわずかに見える

概要編集

クランスカ・ゴーラの西約11kmのRateče集落にあり、トリグラウ国立公園に含まれる。イタリア及びオーストリアとの国境から2キロメートルほど離れている。

例年3月にスキージャンプ・ワールドカップの最終戦シリーズが行われるほか、スキーフライング世界選手権が過去8回行われている。このスキージャンプ大会には毎年数万人が観戦に訪れる。

レタウニツァ・ブラトウ・ゴリシェク(FH: K=200・HS=225)をはじめとし、ブロウトコヴァ・ヴェリカンカ(NH K=95・HS=104/LH K=125・HS=139)、ノルマルナ・ブロウトコヴァ・スカカウニツァ(MH K=60・HS=66/K=78・HS=84)、そのほかK=40、K=30、K=8のジャンプ台が設置されている。

1930年、ポンツァ山の斜面に最初のジャンプ台が建設された。1934年にはブロウトコヴァ・ヴェリカンカ、1969年にはレタウニツァ・ブラトウ・ゴリシェクが建設され、スキージャンプの世界記録の多くがここで樹立された。 2005年3月20日、ノルウェービヨーン・アイナール・ローモーレンが239mを飛んで世界記録としたが、2011年2月、ノルウェーに完成した世界最大、HS225mのヴィケルスンジャンプ競技場のフライングヒルでヨハン・レメン・エベンセンが246.5mを記録してこれが世界記録となった。

そのほかプラニツァオリンピックスポーツセンターがあり、登山スキーなど山岳スポーツの拠点、トレーニングセンターとなっている。

外部リンク編集

座標: 北緯46度29分54秒 東経13度44分21秒 / 北緯46.49833度 東経13.73917度 / 46.49833; 13.73917