プラード・カザルス音楽祭

サン・ミシェル・ド・キュクサ修道院

プラード・カザルス音楽祭フランス語: Festival Pablo Casals de Prades)は、フランスプラードで開催される音楽祭。毎年7月末から8月中旬までカニグー山のふもとのサン・ミシェル・ド・キュクサ修道院で行われる。

概要編集

チェリスト指揮者パブロ・カザルススペイン内戦を避けてプラードに隠遁し、演奏から遠ざかっていた。第二次世界大戦後、復帰を求める声が高まったがカザルスは拒否していた。そこで友人のヴァイオリニストアレクサンダー・シュナイダーは、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ没後200年にあたる1950年にプラードで音楽祭を開くことを提案し、カザルスも受け入れた[1]

音楽祭にはクララ・ハスキルミェチスワフ・ホルショフスキアイザック・スターンマルセル・タビュトーヨゼフ・シゲティルドルフ・ゼルキンポール・トルトゥリエなどの著名な音楽家たちが参加し、最高峰の室内楽の音楽祭となった。カザルスの最後の音楽祭出演は90歳記念の1966年だった。

1976年にはプラード音楽アカデミーが設立され、若い演奏家のための器楽室内楽のマスタークラスが設置された。

2005年からは作曲コンクールが創設された。

脚注編集

  1. ^ ただし1951年ペルピニャンで開催された。

外部リンク編集