メインメニューを開く
プリズム

プリズム英語: prism[1])とは、分散屈折全反射複屈折させるための光学素子であり、ガラス水晶などの透明媒質でできた多面体である。

もとは「角柱」という意味の言葉であり、日本語では三稜鏡(さんりょうきょう)とも呼ばれた。

概要編集

 
プリズムによる光の分散

材質の屈折率は、光の波長によって異なるため、プリズムを出る光の方向は波長によって変わる。この現象を分散という。光を分散させることによって、スペクトルを得ることができる。

プリズムは、内部での全反射を利用して、光の進む方向を変える用途にも用いられる。この場合、プリズムにおける光の入射 / 出射面は光の進む方向に垂直であり、屈折による光の分散は起こらない。例としては、双眼鏡内でを反転させて正立像にするものや(ポロプリズムダハプリズム)、一眼レフカメラファインダー内で、光軸を3回曲げて、ファインダーに導くもの(ペンタダハプリズム)などを挙げることができる。

大型のリング状プリズムなどは、灯台フレネルレンズを補う物として、潮吹きフレネルレンズの周囲に配置される物もある。

プリズムの中には、偏光によって光の進む方向を分離する、あるいは一方向の偏光だけを透過するものもある。

プリズムの分類編集

脚注編集

  1. ^ 文部省日本分光学会編『学術用語集 分光学編』培風館、1999年、増訂版。ISBN 4-563-04567-5

関連項目編集