メインメニューを開く

プリズン・ガール』(PRISON GIRL)は、実話を基にした有村朋美原作の書籍(ポプラ社、2005年刊)。2006年4月18日21:00~22:54に日本テレビ系のドラマ・コンプレックスの輝く女シリーズ第3弾テレビドラマとして放映された。視聴率9.5%。構成上一部フィクションが含まれる。

サブタイトルは、「アメリカ女子刑務所22ヶ月・懲役57年アフリカギャング・斧で5人頭を割った白人女の2メートルの元オトコ・1300人の凶悪犯と過ごした日本の女の子の獄中記」

内容編集

ニューヨークに語学留学中の朋美は、麻薬の売買をしている恋人と付き合い続けていた。その後、麻薬取引の共謀罪に問われて実刑判決を言い渡されたため、刑務所に入れられたというもの。

テレビドラマ編集

出演者編集

(最後のシーンで、朋美とキャティ本人が後ろ姿で出演している。)

  • 美由紀 - 佐藤仁美
  • アレックス - ジェイソン・シップマン
  • グロリア - 安奈・ルイス
  • ズマ - シドニー・ブラウン
  • スー - 宗湘平
  • ルビータ - ジョージ・アン・エガートン
  • マリ - アジャ・コング
  • 朋美の父 - 小林すすむ
  • 朋美の母 - 原日出子
  • 放映プロジェクト
  • 稲川素子事務所
  • LAZARIS
  • ジュネス企画

スタッフ編集

  • プロデューサー - 池田健司、山本愛、小幡英司、佐藤敦
  • 脚本 - 石田昌浩、若林愛美
  • 演出 - 若林愛美
  • 構成 - 原木綿子、福田千津子
  • 音楽 - 鈴木勉
  • 撮影 - 三浦貴広、佐左部一哉
  • 照明 - 笹川満、高岡敦
  • 録音 - 安宅雄一、井崎二郎
  • VE - 穴吹昌禎、種川敏明
  • CA - 酒谷聡明
  • 技術プロデュース - 萬谷享、川畑博嗣
  • EED - 瀧川賢一、十川海次郎
  • MA - 青木伸次
  • 整音 - 松屋隆裕
  • 効果 - 島野高一
  • 美術デザイナー - 室岡秀信
  • 美術進行 - 松本佳子
  • 装飾 - 佐原敦史
  • 持ち道具 - 鶴岡久美
  • 装置 - 笠原達矢
  • 衣裳 - 松下麗子
  • メイク・ヘアーメイク - 泉宏幸
  • 特殊メイク - 米塚尚史HAUNTED
  • アメリカロケコーディネーション - 岡田俊二、里見亜佐子、井上正之
  • 美術 - 岡崎行信
  • 韓国コーディネーター - SUBARU KOREA
  • ロケ協力 - 東洋英和女学院大学、桐蔭学園メモリアルアカデミウム、松原アーバンクリニック、壱番館 ほか
  • 撮影協力 - CIRCLE、Spico.
  • 美術協力 - 西武学園医学技術専門学校、(株)ピアノ百貨、CanonTOSHIBA
  • 持ち道具協力 - メガネドラッグ、ART/BERG、エステール、ete、HARVEST CORPORATION
  • 衣裳協力 - JEAN NASSAUS COMPANY、LESS HALLES、¥・JEANS、apestein、SWEET DEGREES、LAISSE PASSE、フーフォレー、アモイ・インター、FIGNO、GRAY MAGIC、CEST LAVIE、中谷株式会社 ほか
  • 協力 - 東映東京撮影所、イメージランド、阿呍-AUN-麻布プラザe-naスタジオシグマセブン
  • 協力プロデューサー - 吉川圭三
  • 取材協力 - 藤井良樹
  • 広報担当 - 神山喜久子
  • 番組デスク - 木下由美
  • スチル - 酒井博
  • 車両 - エイ・アール・サービス
  • 助監督 - 金佑彦、須山弘太郎、山野辺聖勝、荒木健二
  • 音楽協力 - 日本テレビ音楽
  • 監督 - 若林愛美
  • 製作 - 日本テレビ
  • 製作・著作 - 安寿
日本テレビ DRAMA COMPLEX2006年4月18日
前番組 番組名 次番組
プリズン・ガール
ダイエットの女王・鈴木その子