プリディカメント・ボンデージ

プリディカメントボンデージ(predicament bondage)とは、ボンデージの一種であり、一般的には拘束される側が最初の体勢から徐々に別の体勢へと変えざるをえない姿勢を強いられるものである。最初の姿勢は、おおよそ筋肉疲労を目的にされていることが多い。例えば、つま先立ちがある。これは、被拘束者側が肉体的な苦痛を伴う体勢から開放されようと足を降ろすことで、性器に食い込んだ縄が張り、被拘束者側を苛む[1][2]

プリディカメント・ボンデージの状態にある女性ーーつま先立ちになって、金属製のフックがこれ以上ヴァギナの中に侵入しないように抵抗している。

また、最初の体勢そのものは不快感を与えないものもある。被拘束者が身じろぎすることで、縄や重り、あるいは他の道具が痛みを生じさせる。そのような状況に置かれた被拘束者は、支配的なパートナーからくすぐられたり愛撫をされたり、または姿勢を崩して楽になるよう唆のかされたりする[2]

複数人の従順なパートナーが同時にプリディカメントボンデージのセッションに参加する場合、知り合いだったり、愛しあっているパートナー同士で片側だけが苦痛を与えられる状況に追い込まれるものになる場合もある。被拘束者が痛みを苦痛を受け入れることで、愛する他のパートナーの痛みを和らげるか、自分が楽をすることで相手に痛みをあたえるかというジレンマは、 BDSMやパワーエクスチェンジプレイで用いられる[1][3][4]


関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b CRC Press, Forensic and Medico-Legal Aspects of Sexual Crime, p. 148
  2. ^ a b Mick & Dee Luvbight's Predicament Bondage Gallery”. Luvbight.com. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月25日閲覧。
  3. ^ Wiseman, Jay. " Erotic Bondage Handbook", 2000. p. 318
  4. ^ Sensuous, Sadie. "It's not about the whip", Trafford Publishing, 2003. p. 45[自主公表]