メインメニューを開く

プリモゲ (Primauguet) はフランス海軍軽巡洋艦デュゲイ・トルーアン級第一次世界大戦後にブレスト工廠で建造された。第二次世界大戦で失われた。

プリモゲ
基本情報
建造所 ブレスト工廠
運用者  フランス海軍
艦種 軽巡洋艦
級名 デュゲイ・トルーアン級
艦歴
起工 1923年8月16日
進水 1924年5月21日
竣工 1926年9月1日
最期 1942年11月8日カサブランカで攻撃を受け大破擱座し放棄
要目
基準排水量 7,249 トン
長さ 181.6 m
17.2 m
速力 33ノット
兵装 55口径15.5cm連装砲4基
3連装魚雷発射管4基
テンプレートを表示

艦歴編集

1923年8月16日に起工。1924年5月21日に進水。1926年9月1日に竣工。

1934年6月4日、極東艦隊のプリモゲは横浜港に入港。5日の東郷平八郎元帥国葬に参列し、日本艦と共に半旗を掲げ弔砲を発射した[1]。国葬後に極東艦隊司令長官のリシャール少将は勲二等瑞宝章、艦隊参謀長兼艦長のルルー大佐は勲三等瑞宝章の叙勲を受けた[2]

プリモゲは1940年にフランスがドイツに降伏した後もヴィシー・フランス側に残り1940年7月7日にはダカールでイギリス軍と交戦した。

1942年11月8日、連合軍はトーチ作戦で北アフリカに上陸。カサブランカで修理中であったプリモゲも出撃した。プリモゲはアメリカの戦艦マサチューセッツと交戦後、重巡洋艦オーガスタ、軽巡洋艦ブルックリンの砲撃で被弾損傷し港に戻ったが、さらにマサチューセッツなどの攻撃を受けて大破擱座し放棄された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ アジア歴史資料センター レファレンスコード:C05023436600
  2. ^ アジア歴史資料センター レファレンスコード:A10113136700