メインメニューを開く

プリンス/パープル・レイン』(原題:Purple Rain)は、1984年制作のアメリカ合衆国ミュージカル映画

プリンス/パープル・レイン
Purple Rain
監督 アルバート・マグノーリ
脚本 アルバート・マグノーリ
ウィリアム・ブリン
製作 ロバート・カヴァロ
ジョゼフ・ラファロ
スティーヴン・ファーグノリ
出演者 プリンス
音楽 ミシェル・コロンビエ
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 アルバート・マグノーリ
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年7月27日
日本の旗 1985年2月9日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,200,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $68,392,977[2]
テンプレートを表示

ミュージシャン・プリンスの下積み時代のサクセス・ストーリーを描いた自伝的映画にして、彼の初主演映画。

あらすじ編集

青年キッドはミネソタ州ミネアポリスで人気No.1のバンド「ザ・レヴォリューション」のリーダーとして活躍していたが、最近は人気も落ち、ライブハウスのオーナーのビリーは彼の勝手な行動に不満を抱いており、またメンバーのリサとウェンディからも彼に対する不満が吹き出していた。

実は彼の両親の関係が不和になっており、それに対する落ち込みが音楽活動に悪影響を及ぼしていたのだ。しかも最近、新興バンド「ザ・タイム」が頭角を現わしてきて彼らを脅かす存在になってきており、キッドは危機感を抱いていた。

ある日、キッドのもとにアポロニアという美しい娘がやってきた。彼女もまたミュージシャン志望であった。2人はたちまち惹かれ合うが、キッドにライバル心を抱く「ザ・タイム」のリーダーのモリスがアポロニアにデビューさせることを約束して、自分のメンバーに引き入れてしまう。

その後、アポロニアはキッドに彼が欲しがっていた純白のギターを購入し、プレゼントしに行くが、それがモリスとの契約金で買ったことを知ったキッドは彼女を殴りつけてしまう。やがてアポロニアはモリスのプロデュースでデビューする。キッドはアポロニアと仲直りしようとするがうまくいかず、ケンカ別れしてしまう。

そんなある夜、キッドが帰宅すると、父がピストル自殺をはかっていた。キッドは父の戸棚から古い楽譜を見つけ、父もかつてミュージシャンを志していたことを知る。キッドは立派なミュージシャンになることを心に決め、次の日、純白のギターを抱えてステージに立ち、「この曲を父に捧げます」と告げ、新曲「パープル・レイン」を熱唱する。歌い終わった彼には大きな拍手と歓声が送られた。その中には「ザ・レヴォリューション」のメンバー、ビリー、そしてアポロニアの姿があった。

キャスト編集

サウンドトラック編集

受賞・ノミネート編集

脚注編集

  1. ^ Purple Rain - IMDb
  2. ^ Purple Rain (1984) - Box Office Mojo”. 2017年4月21日閲覧。
  3. ^ The 57th Academy Awards (1985) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月13日閲覧。
  4. ^ “Turner, Prince, Richie top out the Grammys”. The Deseret News. (1985年2月27日). https://news.google.com/newspapers?id=EY8zAAAAIBAJ&sjid=8oIDAAAAIBAJ&pg=6942,5052123&dq=grammy&hl=en 2011年5月1日閲覧。 
  5. ^ 1984 Grammy Award Winners”. Grammy.com. 2011年5月1日閲覧。
  6. ^ Golden Globe Award 1985
  7. ^ Razzie Awards (1985) - IMDb
  8. ^ Purple Rain - Awards - IMDb

外部リンク編集