メインメニューを開く

プリンセス・ロイヤル

プリンセス・ロイヤルPrincess Royal[1])は、イギリス国王または女王の長女に与えられる称号。出生と同時に自動的に与えられるのではなく、慣例として与えられる称号である。

目次

概要編集

この称号は生涯使用され、称号を授けられた王女の存命中は、代替わりした国王に王女がいてもプリンセス・ロイヤルの称号を名乗ることはない。特に現女王エリザベス2世については、叔母にあたるメアリー王女が1965年に死去するまでプリンセス・ロイヤルを名乗っていたため、プリンセス・ロイヤルの称号を受けることがなかった。現時点まで、7人のプリンセス・ロイヤルが存在した[2]。現在のプリンセス・ロイヤルは、エリザベス2世の長女アンである。

この称号は、フランス王女でイングランドチャールズ1世の妃であったヘンリエッタ・マリアが、自分の長女メアリー・ヘンリエッタ(のちにオラニエ公ウィレム2世の妃、イングランド王ウィリアム3世の母)に、母国フランスで国王の長女に与えられる称号マダム・ロワイヤルに倣った称号を与えて欲しいと願ったことで創設された。称号は王家の認証状(Warrant)で授けられ、特許状(Letters Patent)によって授けられるのではない。

プリンセス・ロイヤルの称号は、在位している君主の判断で授けられる。ジェームズ2世の長女メアリー2世、そしてジョージ1世の一人娘ゾフィー・ドロテアは、プリンセス・ロイヤルの資格があったが、2人とも授けられていない。

歴代プリンセス・ロイヤル一覧編集

画像 名前(生没年) 期間 続柄 配偶者
  メアリー・ヘンリエッタ
(1631年 - 1660年)
1642年 - 1660年 チャールズ1世の長女 オラニエ公ウィレム2世
  アン
(1709年 - 1759年)
1727年 - 1759年 ジョージ2世の長女  オラニエ公ウィレム4世
  シャーロット・マティルダ
(1766年 - 1828年)
1789年 - 1828年 ジョージ3世の長女 ヴュルテンベルクフリードリヒ1世
  ヴィクトリア
(1840年 - 1901年)
1841年 - 1901年 ヴィクトリア女王の長女 ドイツ皇帝フリードリヒ3世
  ルイーズ
(1867年 - 1931年)
1905年 - 1931年 エドワード7世の長女 初代ファイフ公爵アレグザンダー・ダフ
  メアリー
(1897年 - 1965年)
1932年 - 1965年 ジョージ5世の長女 第6代ハーウッド伯爵ヘンリー・ラッセルズ
  アン
(1950年 - ) 
1987年 - 現女王エリザベス2世の長女 マーク・フィリップス
サー・ティモシー・ローレンス

脚注編集

関連項目編集