メインメニューを開く

プレシェヴォПрешево / Preševo、発音:/ˈpɾɛːʃɛvɔ/)、あるいはプレシェヴァアルバニア語:Preshevë / Presheva)は、セルビアプチニャ郡の町、およびそれを中心とした基礎自治体であり、セルビアの南端に位置する同自治体は南にマケドニア共和国、西にコソボと隣接している。2002年の国勢調査によると、プレシェヴォ自治体の人口は34,904人であった。

プレシェヴォ
Прешево
Preševo

Presheva
プレシェヴォ市街
プレシェヴォ市街
位置
セルビアにおけるプレシェヴォの位置の位置図
セルビアにおけるプレシェヴォの位置
座標 : 北緯42度19分 東経21度42分 / 北緯42.317度 東経21.700度 / 42.317; 21.700
行政
セルビアの旗 セルビア
  プチニャ郡
  プレシェヴォ
市長 ナデル・サリク(Nadër Sadiku)
PVD
地理
面積  
   264 km2 (101.9 mi2)
人口
人口 (2002年現在)
   34,904人
  市街地 13,426人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 17523
市外局番 +381 17
ナンバープレート VR

目次

劣化ウラン編集

合計161の劣化ウラン弾が、プレシェヴォ近くのレリャンReljan)で見つかっている。セルビア政府はレリャンでの劣化ウラン弾の除去作戦に35万ユーロを拠出している[1]

政治編集

1992年、地域のアルバニア人はプレシェヴォ、メドヴェジャおよびブヤノヴァツをコソボに編入することを問う住民投票を行った。1999年から2001年までの間、アルバニア人の武装勢力「プレシェヴォ・メドヴェジャ・ブヤノヴァツ解放軍」(UÇPMB)がこの3自治体のセルビアからの分離と将来の独立したコソボへの統合を求めて武力闘争を展開し、プレシェヴォ渓谷危機と呼ばれた。この武力闘争は、類似する周囲の紛争(コソボ紛争およびマケドニア紛争)ほどには国際社会からの関心を集めなかった。闘争はユーゴスラビアおよびセルビアの部隊によって鎮圧され、地域は正常化しているものの、依然民族間には緊張がある。

2005年12月に、アルバニア人民主党(PDSh)のラグミ・ムスタファ(Ragmi Mustafa)が市長に選ばれた。6箇月後、再度投票が行われ、再びムスタファが市長に当選した。2009年から、民主行動党(PVD)のナデル・サリク(Nadër Sadiku)が市長を務める。

人口編集

自治体の民族別人口編集

民族構成
セルビア人  % アルバニア人  % 合計
1961 6,741 25.21% 18,229 68.18% 26,738
1971 5,777 19.22% 23,625 78.60% 30,057
1981 4,204 12.38% 28,961 85.31% 33,948
1991 3,206 8.23% 34,992 89.85% 38,943
2002 2,984 8.55% 31,098 89.10% 34,904

プレシェヴォ自治体の人口のうち、最大の人口を占めるのはアルバニア人であり、自治体人口の90%を占め、コソボを含めないセルビアでは最もアルバニア人人口の高い自治体である。残りの人口のほとんどはセルビア人であり、セルビア語トルラク方言Torlak)を話す。

集落ごとの民族構成編集

プレシェヴォ自治体に含まれるほとんどの集落では、アルバニア人が多数派を占めている。この例外はリャニクLjanik)、スヴィニシュテSvinjište)、スラヴイェヴァツSlavujevac)、ツァカノヴァツCakanovac)であり、セルビア人が多数派となっている。

 
モスクミナレットが見える、プレシェヴォの景色

ほとんどの集落ではアルバニア人がほぼ100%に近い人口比率を占めるが、セルビア人が少数派ながらも一定の人口比率を占める集落もある。 ブシュトラニェBuštranje)、ゴレミ・ドルGolemi Dol)、レリャンReljan)、ストレゾヴツェStrezovce)、トルナヴァTrnava)、チュカルカČukarka)、そしてプレシェヴォの町では一定数のセルビア人が居住している。しかし、これらの集落も多く位は20年から40年ほど前にはセルビア人が多数派であった。この間にセルビア人が域外に移住する一方で、アルバニア人が移出した人々の住居を買い取って移り住んでいる。

脚注編集

関連項目編集