メインメニューを開く

各年の放送内容編集

第1回(2011年)編集

第2回(2012年)編集

第3回(2013年)編集

  • 放送日時:2013年7月14日 19:00 - 21:48
  • 司会:松丸友紀・増田和也(いずれもテレビ東京アナウンサー)
  • 会場:舞浜アンフィシアター

当番組が放送されることになった経緯編集

テレビ東京は1970年から毎年夏に『夏祭りにっぽんの歌』を放送してきたが、主力だった演歌歌謡曲を好む視聴者が時代の経過とともに減ってきたことから、それ以外のジャンルの歌手アーティストも出演できる企画に変更するため、41年続いた『夏祭りにっぽんの歌』を当番組にリニューアルした[1]

『にっぽんの歌』との関係および当番組の放送時期編集

2011年に放送された初回放送の『プレミア音楽祭2011夏〜頑張ろう!にっぽんの歌〜』は、『にっぽんの歌』シリーズとして引き続き放送された。

なお、同年10月13日より『木曜8時のコンサート〜名曲!にっぽんの歌〜』(以下、『木8』)という、かつて週1回で放送していた『にっぽんの歌』のリメイクともいえる番組が開始された影響から、2012年より『夏祭りにっぽんの歌』は『木8』の特別版である『木曜8時のコンサート〜夏祭りにっぽんの歌〜』(2週連続2時間特番)として毎年8月に放送されている。また、『プレミア音楽祭2012』は昨年とは異なり、『にっぽんの歌』シリーズから外れ、副題なし、演歌・歌謡曲を扱わない内容で、放送日も9月9日と、前年の夏から秋へ大幅に変更された[2]2013年には『プレミア音楽祭2013』として、放送時期を前々年と同様夏(7月)に復すが、それ以外は前年の『プレミア音楽祭2012』と同様のスタンスで放送。

事実上の打ち切り編集

2014年は当番組に替わり所ジョージ総合パーソナリティーによる『テレビ東京開局50周年特別企画 テレ東音楽祭(初)』を6月26日18:30 - 23:24に生放送[3]。レギュラー番組の『木8』と統合の上、第1部を五反田ゆうぽうとホールより宮本隆治・松丸友紀司会による『モクハチ!今夜だけ木曜6時半のコンサート』のタイトルで『夏祭り-』テイスト。第2部をテレビ東京天王洲スタジオより国分太一TOKIO)司会による『慣れない生放送 ドタバタですいませんSP』のタイトルで『プレミア-』テイストの内容で行った。

2015年も国分太一総合MCによる『テレ東音楽祭(2) ようこそ、テレ東へ!』のタイトルで継続して放送[4]され『プレミア-』は2013年を最後に事実上打ち切られた格好となった。

スタッフ編集

第3回現在編集

  • ナレーション:服部潤(第3回)
  • 構成:青島利幸
  • VTR構成:平岡秀章(第3回)
  • アレンジ・指揮:佐藤準(第2・3回)
  • アレンジ:山川恵津子(第2・3回)、北浦正尚(第3回)、浜田ピエール裕介(第2・3回)、今泉洋(第3回)、高木洋(第2・3回)
  • TD/SW:近藤剛史[5]
  • 映像:北村宏一(第2・3回)[6]
  • 映像・照明調整:水野暁夫(第3回)
  • 撮影:吉田健吾・丸山真平(第3回)
  • 音声:五十嵐公彦(第2・3回)[6]
  • 照明:宮田和(第3回)
  • 音効:木村俊之(OKK音響企画)[7]
  • 編集:富田一弘・小川洋行(第3回)
  • アートプロデューサー:薬王寺哲朗[5]
  • デザイン:本橋智子(第2・3回)[6]
  • 美術進行:野本和広(第2・3回)[6]
  • 大道具:冨田泰史(東宝舞台)[5]
  • 電飾:及川博安(第2・3回)[6]
  • アクリル装飾:是安弘樹(ナカムラ綜美)[5]
  • Dotimage:諌山喜由・森本紀子(第3回)
  • CG:OADJOB・CR(第3回)
  • GET cam:グリップアソシエイト(第2・3回)[8]
  • 技術協力:レントアクト昭特(第2・3回)
  • 総務:大山比桃美(第2・3回)[9]
  • デスク:野中優(第2・3回)
  • 演出補:小野裕之(第2・3回)、朝比奈諒(第1・3回)、宇賀神敬行(第2・3回)、姫野慈子(第3回)
  • ディレクター:福本俊二(第3回)、長田剛(第1・3回)(エムファーム[10]
  • プロデューサー:宮川幸二、星俊一(第2・3回)[9]、植木栄次(エムファーム)(第2・3回)[11]
  • 総合演出:柴幸伸(第2・3回)[12]
  • チーフプロデューサー:関光晴(第3回)[13]
  • 制作協力:エムファーム(第2回)
  • 製作著作:テレビ東京

過去のスタッフ編集

  • 監修:松原史明(第1回)
  • 音楽:京建輔義野裕明河合徹三(第1回)
  • 指揮:豊岡豊(第1回)
  • 振付:花柳糸之(第1回)
  • 演奏:サウンドギャラクシー・フラワーアンサンブル(第1回)
  • コーラス:ウィッシュ(第1回)
  • アレンジ:水谷広実(第2回)
  • メイン会場中継(第1回)
    • VE:辻源之
    • TK:宮本美智子(ジャム・オフィス)
    • デザイン:小野清菜
    • 美術進行:高橋昭三
    • 電飾:高橋修(コマデン)
  • テレビ東京サブ会場(第1回)
    • SW:伊藤輝雄
    • VE:小峰信彦
    • 音声:田中英治
    • TK:中嶋梨沙(ジャム・オフィス)
  • メイン会場中継(第2回)
    • TD:近藤剛史(第2回)[14]
    • VE:北村宏一(第2回)
    • カメラ:田中圭介(第2回)[15]
    • クレーン:佐藤秀夫(グリップアソシエイト)
    • 音声:五十嵐公彦(第2回)
    • 照明:小林瑞雪(第1・2回共通)
    • TK:葛貫明子(第2回)
    • アートプロデューサー:薬王寺哲朗(第1・2回共通)
    • デザイン:本橋智子(第2回)
    • 美術進行:野本和広(第2回)
    • 大道具:冨田泰史(東宝舞台)(第1・2回共通)
    • 電飾:及川博安(第2回)
    • アクリル装飾:是安弘樹(ナカムラ綜美)(第1・2回共通)
  • テレビ東京サブ会場(第2回)
    • TD:田中寿子(第2回)
    • VE:佐藤誠二(第2回)
    • 音声:西山恵美子(第2回)[16]
    • ディレクター:矢部宏光・水野亮太・福本俊二(第2回)
    • TK:飛田亜也(第2回)
    • 音効:木村俊之(OKK音響企画)(第2回)[16]
  • 総務:牛原隆一(第2回)
  • 演出補:田辺夏子(BMC)(第1回)
  • 協力プロデューサー:川原伸司・田辺章男・早川隆(第2回)
  • キャスティング:櫻田宣弘(エムファーム)(第1回)
  • チーフ・プロデューサー:大原潤三(第1・2回)
  • 制作協力:BSジャパン(第1回)

脚注・出典編集

  1. ^ テレ東“夏の風物詩”42年目のリニューアル-スポニチ Sponichi Annex 芸能
  2. ^ 夏川りみオフィシャルファンクラブサイトにて
  3. ^ 一部事前収録および過去の映像を含んだ内容となっていた。
  4. ^ この年は全編テレビ東京天王洲スタジオよりポップス歌手中心の構成。
  5. ^ a b c d 第2回まではメイン会場担当。
  6. ^ a b c d e 第2回はメイン会場担当。
  7. ^ 第1回はメイン会場、第2回はサブ会場を担当。
  8. ^ 第2回は技術協力。
  9. ^ a b 第1回はアシスタントプロデューサー。
  10. ^ 第2回は進行。
  11. ^ 第1回はキャスティング。
  12. ^ 第1回は1サブディレクター。
  13. ^ 第1回は演出兼プロデューサー、第2回はプロデューサー。
  14. ^ 第1回はカメラ。
  15. ^ 第1回はTD。
  16. ^ a b 第1回はメイン会場。

外部リンク編集