プレミア3 (ラジオ番組)

プレミア3』(プレミアスリー)は、1990年4月1日から1992年3月に、TOKYO FMJFN系列)で放送されていたラジオ番組である。東芝の一社提供で、『東芝プレミア3』とも呼ばれる。

プレミア3
ジャンル 音楽番組
放送期間 1990年4月1日 - 1992年3月
放送時間 毎週日曜日12時00分〜12時55分(JST
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 山下達郎(第1、3週)
坂本龍一(第2週)
氷室京介(第4週)
テンプレートを表示

目次

概要編集

ミュージシャンである山下達郎坂本龍一氷室京介の3人が週替わりでパーソナリティを務めていた。山下にとっては、『サウンドストリートNHK-FM)』を1986年3月に降板して以来4年ぶりのラジオ番組だが、基本的な番組フォーマットは変わらず、マニアックな選曲が中心だった。坂本にとっては、『サウンドビジュアート 不思議の国の龍一(FM東京)』が1987年9月27日に終了して以来3年ぶり。氷室にとっては、『SF Rock Station東海ラジオ)』を1987年3月に降板して以来3年ぶりのラジオ番組となった。

山下がサウンドストリートの中で毎年1月に行っていた大瀧詠一との「新春放談」は、その後佐野元春萩原健太の番組で継続されたが、この番組で正式に復活した。なお、この番組の終了後は1992年10月3日に放送が開始された『山下達郎のサタデー・ソングブック(後のサンデー・ソングブック)』に引き継がれ、2011年まで続けられた(終了までの経緯は『サンデー・ソングブック』新春放談の項を参照のこと)。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集